東出昌大・窪田正孝・小松菜奈ら、イメージを覆すアクションコメディに挑戦

映画『ヒーローマニア-生活-』

福満しげゆきの人気漫画「生活【完全版】」が映画『ヒーローマニア-生活-』として実写映画化され、2016年5月7日(土)に公開されることが決定。東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、片岡鶴太郎らメインキャストも明らかとなった。



本作は、特殊な能力や超人的肉体を持つキャラクター、ではなく、身近に存在していそうな市井の人々が、小さな悪を成敗しながら世直しをしていく、これまでの日本映画とは一線を画すアクション・コメディ・エンターテイメント。

主演の東出昌大は本作で自身初となるコメディに挑戦。サラリーマンをリストラされコンビニでバイトするフリーターだが、とある出来事をきっかけに、小さな社会悪を退治する自警団を結成し、仲間との絆を強くしながら少しずつ成長していく主人公を演じる。
これまで爽やかな好青年や硬派な印象のキャラクターを演じてきた東出は「こういうヘタレの役が初めてなので、『あ、こういう役に挑戦できるんだ』って思えて純粋に嬉しかったですね」と新たな挑戦への喜びを語る。

さらに若手演技派として高く評価されている窪田正孝が東出昌大と初共演を果たす。下着泥棒を繰り返すニートの土志田誠という役どころで、寡黙ながらも身につけた武術を駆使し確実に悪を裁いていくキャラクターを、ほぼ吹き替えなしで演じている。「たくさんアクションがあって、その中に人間ドラマがあるので、眠っていた心とか、忘れかけていた気持ちを映画をご覧になった方に思い出してもらえたら嬉しいです」と作品をアピール。

チームの紅一点・寺沢カオリを演じるのは小松菜奈。これまでミステリアスな少女を演じることが多かった小松が、時に変顔も披露するキュートなヒロインをコミカルに演じる。「撮影をしていて4人でいるときは家族みたいに本当に居心地がよく、一緒に撮影するシーンはすごく温かくて楽しいなと思い、カオリと同じ気持ちになりました。監督が明るかったので現場は和気あいあいとした雰囲気で、チーム自体もみんな仲良く活き活きと撮影していました」と現場の雰囲気を伝えている。

フレッシュなキャストとチームを組む片岡鶴太郎は、昼は定年間近のサラリーマン、夜は“若者殴り魔”という役どころで、見事なアクションを披露している。
メガホンをとったのは『ソフトボーイ』『花宵道中』といった独特の世界観を構築し、幅広いファンを獲得している豊島圭介監督。「今回のテーマは、俳優部にいままでと全く違うイメージの役柄をやってもらうということ。あんな〇〇泥棒の窪田くんや、あんなぶっ飛んだキャラの小松さんや、あんな顔して戦う鶴太郎さんに、心底興奮しました。はやく観客の皆さんに彼らを見てほしくてたまりません!」と語っている。

今回公開された特報映像は、東出、窪田、小松、片岡が独特なコスチュームに身を包み、街中を颯爽と歩くシーンから始まる。“一緒に戦わないか?”というキャッチコピーにつづき、街の平和を守るため奮闘する姿が映されており、彼らが繰り出すハイパ ー・アクションに早くも期待が高まる映像となっている。

■東出昌大コメント

原作者の福満さんと原作ファンの監督、そして脚本家の継田さん、その3人の合作で、原作のエッセンスが抽出されている台本だなと思いました。こういうヘタレの役が初めてなので、「あ、こういう役に挑戦できるんだ」って思えて純粋に嬉しかったですね。共演した窪田さんは男らしく、職人気質にお芝居と向き合っていて、凄くかっこいい方だなという印象でした。小松さんはお芝居に対する向き合い方や現場での居住まい、芝居に集中する時ののめり込み方、どれをとっても真面目な方でした。また、登場人物4人の中におじさんが1人入っているというアンバランスさが、この原作の物語の面白さだと思うのですが、片岡さんが日下役を演じられ、保護者であり、本当の意味で真摯に見てくれる父であり、それでいて仲間でもあるといった、なんとも温かみのある人物になったと思います。人は社会の悪とかそういうものに憤りを感じたり、不平不満を感じたり、また、それを退治する妄想をすると思います。その妄想がそのまま映画になっていて、大事なところも勿論あり、ただバカバカしくぶっ飛んでいるところもある、そういう純粋性がこの映画の魅力だと思います。

■窪田正孝コメント

人の心に眠っている、子供の頃に描いたヒーローだったり、勇気だったり、そういうものを思い出させてくれる台本だなと思いました。土志田は、引っ込み思案だし人と付き合うことがあまり得意ではない。でも武術に関してすごく努力家だったり、ある意味ストイックなんですよね。だからこそ、人と会話している時と、いざ戦うとなった時の差を出せればいいなと思って演じていました。 主演の東出さんは、誰に対しても同じ姿勢ですごく素敵な役者さんだなと感じました。小松さんは、いい意味でフワっとしている面とキリっとする瞬間があり、そういう二面性を現場で見させてもらいました。片岡さんは、今回初めてご一緒させて頂いたのですが、アクションもご自身でやられていらして、魅力のある役者さんというのはこういう方をいうのだなと思いました。 誰にでも守りたいものはあると思うし、守るものがあるからこそ人は強くなれると思います。たくさんアクションがあって、その中に人間ドラマがあるので、眠っていた心とか、忘れかけていた気持ちを映画をご覧になった方に思い出してもらえたら嬉しいです。

■小松菜奈コメント

監督はカオリを「普通の女子高生だけど、でもどこかやっぱり変わっていて、峰不二子みたいな」と仰っていました。現場ではすごく活き活きと自由に演じさせていただき、カオリを通してどんな風にみんなを笑わせようかなと考えるのが毎日とても楽しみでした。東出さんはイメージ通りで喋り方もおっとりされていて、とても気遣ってくださるし、天然で面白い方でした。窪田さんは明るくて、本当に優しくて笑顔が可愛いイメージです。片岡さんは全然飾ってなくて、いつも優しく話しかけていただきました。撮影をしていて4人でいるときは家族みたいに本当に居心地がよく、一緒に撮影するシーンはすごく温かくて楽しいなと思い、カオリと同じ気持ちになりました。監督が明るかったので現場は和気あいあいとした雰囲気で、チーム自体もみんな仲良く活き活きと撮影していましたね。そういう温かいチーム感が映画に出てればいいなと思います。

■片岡鶴太郎コメント

台本を拝見し、日常と非日常との狭間の部分と、また私が演じる日下というおじさんの日常と、そして狂気になった時の瞬間が、直感的に非常に面白い作品だなというのを感じました。還暦になってのアクションは非常に嬉しいことで、楽しみで撮影に入ったのですが、もちろんその中で不安もありました。
東出さんは、本当に嘘のないナイスガイという印象でした。窪田さんは非常に繊細な方ですよね。小松さんはもっともっと化けてくる今後が楽しみな女優さんです。監督からは、「この年の離れた青年、少女たちとの関係性は、お互いが心寄せ合う瞬間があって疑似家族を演じていたんじゃないか。だから、そういうお父さん的な役割でいてほしいんです」という話しがありましたね。
この映画は、現代人を象徴した世代の4人が代表して集まって、みんなそれぞれ抱えている鬱積したフラストレーションをバーンと爆発させてくれる、そういう爽快感が魅力の映画だと思います。

■ストーリー

サラリーマンをリストラされ、さっぱりうだつの上がらない中津(東出)は、コンビニでバイトするフリーター。ある時出会った、謎の身体能力を誇るニート土志田(窪田)、情報収集力抜群の女子高生カオリ(小松)、昼は定年間近のサラリーマン、夜は“若者殴り魔”の日下(片岡)と町を守る自警団を結成し、社会が裁ききれない小さな悪を天誅と称し、高いところから吊り下げて晒す行為を始める。それはやがて、市民の賛同を得るようになり、自警団は巨大な組織に成長。日下がスカウトしたホームレスを社長とし、低料金の警備サービスを提供する会社<ともしび総合警備保障>として操業を始める。しかし、新しいメンバーの中にはその力を私欲の為に使う者も現れ、秩序は徐々に崩れていく。はたして<ともしび総合警備保障>は、オリジナルメンバーたちは、どうなってしまうのか?事態は予想しないラストへと向かっていく―。

(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top