秋山菜津子・常盤貴子・音月桂が三姉妹演じる「8月の家族たち」KERA演出で日本初演

ナイロン 100°C公演『わが闇』『祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜』、ツェーホフの 『三人姉妹』など数々の“三姉妹作品”を演出し、“三姉妹ものの名手”との呼び声も高い劇作・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)が、2016年5月、渋谷・Bunkamuraシアターコクーンにて、 トレイシー・レッツ作『8月の家族たち August: Osage County』を演出、豪華キャストが集結することが明らかになった。


「8月の家族たち」キャスト

「8月の家族たち」キャスト

『8月の家族たち August: Osage County』は、酷暑のアメリカ中部オクラホマ州オーセージ郡を舞台に繰り広げられる、トレイシー・レッツの幼少期の実体験を元に描かれた、「三姉妹と家族たちの不協和音」の物語。
作品は、2007年シカゴの小さな地下劇場で産声を上げ、瞬く間に脚光を浴び、同年ブロードウェイに進出。戯曲はピューリッツァー賞を受賞、作品はトニー賞最優秀作品賞他4部門を受賞。さらに2013年には映画化され、メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ジュリアンヌ・ニコルソン、ジュリエット・ルイス、ユアン・マクレガー、ベネディクト・カンバーバッチなど錚々たるメンバーが出演、各国の映画賞を受賞・ノミネートされた。

物語は、詩人でアルコール中毒の父ベバリーが突如、失踪することから端を発する。その知らせを受け、8月酷暑のオクラホマ州の実家には、両親思いの次女アイビー、5年振りの訪問となる母方の叔母マティ・フェイと夫のチャーリー、そして長女バーバラと夫ビル、その娘ジーンが帰省してくる。久しぶりに集まった家族が目の当たりにしたのは、夫の失踪と薬物の過剰摂取で半錯乱状態となった母バイオレットの姿であった。そしてある衝撃的な事件が起こる。やがて三女カレンが婚約者スティーブを連れてやってくる。 叔母の息子リトル・チャールズもあたふたと現れ、ようやく一族全員がそろい楽しいディナーを迎えるはずが、みなが抱える心の闇が見え隠れし始める・・・。

この、KERAの挑戦作に、豪華キャストが集結した。
映画版ではメリル・ストリープの怪演が注目を集めた、薬が手放せない毒舌の母バイオレット役に麻実れい、母とは言い争いが絶えない長女バーバラ役に秋山菜津子、密かな恋に悩む心優しき 次女アイビー役に常盤貴子、奔放な三女カレン役には音月桂という、美しくも力強い、母と三姉妹のキャストが顔を揃えた。
そして、生瀬勝久、橋本さとし、中村靖日、村井國夫、木場勝己など、実力派男優陣の顔ぶれにも期待は高まるばかりだ。

「プロデューサーから『他人の戯曲で演出してみたいものはありませんか』という提案を受けたので、必死に探した」というKERA。
「なかなかやりたいホンは見つからなかった。で、トレイシー・レッツという作家に行き当たったわけです。なかなかに辛辣なコメディを書く人で、日本でも『BUG』という作品が坂手洋二氏の演出で上演されておりますが、この人の新作が賞をとって映画化されたと聞いたのが発端です。しかも三姉妹と母親の確執を描いたドラマだという。三姉妹モノに目がない私です。お、これは、と触手が動きました」と経緯を語る。
キャスティングについては「今回は私の要望とプロデューサーサイドのオーダーを擦り合わせました。結果、私 にとって未知の俳優さんを含めた、新鮮な顔ぶれが集結。楽しみです」と期待を寄せ、演出に加えて上演台本も手掛けることについて「近年連続しているツェーホフ作品同様、大幅な改変は一切するつもりはありませんが、同じ内容の台詞でも、語順、語尾等を変更し、微細な加筆や削除の権限を与えてもらえるだけで、作品を生き生きしたものにできる可能性が大きく広がるのです。 家族たちのバトルからあぶり出される『愛情』の物語を、ドライに作り上げる所存です。御期待ください」と意欲を示す。

また、主演のバイオレット役・麻実れいは、初のKERA作品出演にあたり、「KERAさんと初めて御一諸に創るこの舞台、何か素敵な予感がして今から胸がワクワクしています」 と期待に胸を膨らませている。

上演は2016年5月7日(土)〜29日(日)に渋谷・Bunkamuraシアターコクーン、6月には森ノ宮ピロティホールにて大阪公演も予定されている。東京公演のチケットは2月発売予定。詳細は公式HPにて順次公開。

「8月の家族たち August: Osage County」

■作:トレイシー・レッツ
■翻訳:目黒条
■上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
■会場:Bunkamuraシアターコクーン
■主催/企画・製作:Bunkamura/キューブ
■キャスト: 麻実れい、秋山菜津子、常盤貴子、音月桂、橋本さとし、犬山イヌコ、羽鳥名美子、中村靖日、藤田秀世、村井國夫、木場勝己、生瀬勝久 他
■東京公演:2016年5月7日(土)~ 29日(日) Bunkamuraシアターコクーン
 チケット発売 2016年2月20日(土)
■大阪公演:2016年6月上旬 森ノ宮ピロティホール
■一般お問い合わせ先:
Bunkamura 03-3477-3244(10:00〜19:00) http://www.bunkamura.co.jp
キューブ 03-5485-2252(12:00〜18:00) http://www.cubeinc.co.jp



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top