シンデレラバンド・Thinking Dogs、新曲MVは防護服で奏でる養蜂ロック!?

防護服の4人

デビュー曲から異例のタイアップ抜擢で注目を集めているシンデレラバンドThining Dogsの2ndシングル「3 times」のMusic Viedoが解禁された。


タイアップだけでなく、楽曲は全曲秋元康作詞、デビュー曲「世界は終わらない」のMusic Videoは堤幸彦監督、ロッテCMソングの「あと100マイル」のMusic Videoは蜷川実花監督と豪華クリエイター陣にも恵まれている彼ら。
3作目のMVとなる今作は映画「南極料理人」や「キツツキと雨」を手掛けた沖田修一監督の指揮のもと撮影された。

Music Videoの舞台となったのは、なんと養蜂農家。
RED HOT CHILI PEPPERSの“フリー”が養蜂家として成功している今、以前から養蜂家とミュージシャンの両立を目標にし「はちみつが似合う有名人」ランキング1位にランクインしているギターのJunと養蜂家に興味があった沖田修一監督とが意気投合し、撮影が実現した。
ヴォーカル・TSUBASAの歌い出しとともにミツバチの巣箱のヨリから始まるMusic Videoは、養蜂場内で防護服を着た4人が養蜂作業をする人々の中で疾走感溢れる楽曲を演奏する、なんともシュールな映像。映画のワンシーンのようなラストにも注目だ。

Thinking Dogsの2ndシングル「3 times」は11月18日リリース。Music Videoは本日11月12日よりGYAO!にて限定配信。18日までの期間限定でフルサイズ視聴できる。

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10667/v0993900000000547941/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top