AKB48島崎遥香プロデュース“ぱるる選抜”審査のポイントは「顔」 舞祭組超え目指す

バイトAKB第2弾をプロデュースする島崎遥香

AKB48島崎遥香が15日、都内で行われた「バイトAKB第2弾 ぱるる選抜」の記者発表会に出席した。



AKB48グループとアルバイト求人情報サイト「バイトル」は、昨年実施した「バイトAKB」企画の第2弾として「バイトAKB ぱるる選抜」の募集を開始。
本日11月15日より12月20日まで応募を受け付け、書類による一次審査と2度のオーディション審査を経て合格したメンバーは、ぱるること島崎遥香プロデュースのもと、秋元康が作詞を手掛ける楽曲でCDデビュー、さらにバイトルのCMに出演することが決まっている。

11月18日より全国でオンエアされる、「ぱるる選抜」の募集を呼びかける新CM「バイトAKB ぱるる選抜募集告知」篇に出演する島崎は、この日もCMで着用している衣裳で登場。「たくさんの方々に応募してもらいたい」と笑顔を見せた。

島崎遥香(AKB48)

島崎遥香(AKB48)

オーディション審査にも参加する島崎は、審査のポイントについて「歌とダンスはレッスンもあると思うし,私も全然ダンスができないまま入ったのでそれは大丈夫かなと思います」と話し、一番重視する点は「個人的には顔。アイドルなので、やっぱり可愛い方がいい」と断言。
記者から「例えば指原さんだったら?」と問われると、「不合格です」と即答し、「それは見た目の問題?」と追求されると「はい」とキッパリ。「ダンスは練習すればできるけど顔は変えられないので」と、あくまでもルックス重視であることを明かしていた。

グループの方向性については「応募してきてくださる方々の個性にもよるので、そのバランスを見て決めようと思っています」といい、応募者に向けて「自分にしかない部分をアピールして」と呼びかけた。
また、「中居さんが舞祭組をプロデュースしたじゃないですか。だから、それを超えるようなグループにできたらいいな」とプロデューサーとしての意気込みを語った。

■CM場面カット

■CMメイキング



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top