でんぱ組.inc・相沢梨紗、日本語吹替初挑戦でジョニー・デップの娘に

アイドルグループ・でんぱ組.incの相沢梨紗が、 映画『Mr.タスク』のブルーレイ&DVDに収録される日本語吹替版で実写作品の日本語吹替に初挑戦。


「Mr.タスク」で実写作品の吹替に初挑戦した相沢梨紗

「Mr.タスク」で実写作品の吹替に初挑戦した相沢梨紗

「すごく緊張しました。もともと映画を観るのが大好きなので、吹替の大切さは分かります。洋画を観るとき、俳優さんが外国の方で、口の動きも英語なのに、聞こえてくるのは日本語、という事に違和感を感じる事もあると思うんですよね。その違和感をどれだけ感じさせないようにできるか、凄くドキドキしましたし、緊張しました」と初めての日本語吹替を振り返った。

映画はケヴィン・スミス監督による奇想天外なホラーコメディー。人間とセイ­ウチの融合をもくろむ老人の狂気により、セイウチへと変えられてしまう男の運命を描く­。

今回、相沢が吹き替えを担当したのは、本作が待望の映画デビューとなり注目を集めたジョニー・デップの実娘、リリー=ローズ・メロディ・デップ。演じているのは、コンビニエンスストアで働くイマドキの少女。相沢は「アイドルであることは忘れようと意識しました」とアフレコ時に心掛けた点を明かす。「考えてみると、私にも彼女のようなダルさを感じている時期もあった気がするんです。それを一生懸命思い出してやりました(笑)ファンの方には、いつもと違う雰囲気を楽しんでもらえると思います」。

もともとホラー映画が好きだったという相沢は、公開時から本作のファンを公言。「自分の好きな映画で声優に初挑戦できるなんて、と嬉しかったしビックリでした」と今回の抜擢に喜色満面。メンバーにも勧めたが、特に「血が苦手」という夢眠ねむからは「わかった。梨紗の声優したところだけ、まずは観る」と言われたことを明かしていた。

映画『Mr.タスク』ブルーレイ&DVDは2016年1月6日発売。

(C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Reserved.



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top