「パディントン」吹き替え声優に木村佳乃ら追加 三戸なつめは吹き替え初挑戦

2016年1月15日公開の映画『パディントン』に新たな日本語吹き替え声優陣が発表された。


俳優の松坂桃李が主人公のクマのパディントンの日本語吹き替えを担当することがすでに発表されているが、今回新たなボイスキャストとして木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめが参加することがわかった。

映画は世界40ヶ国語以上で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説が原作。イギリス・ロンドンへ家を探しにはるばるペルーからやってきた紳士なクマ、パディントンの、初めての都会暮らしでのドタバタを描く。

木村佳乃が吹き替えを担当するのは、ニコール・キッドマンが演じたパディントンをつけ狙う謎の美女・ミリセント。
木村は「小さい頃から大好きだった『パディントン』が実写化されると聞いて、これは絶対にやらせていただきたい!と思いました」とすぐに快諾。これまで『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2012)、『ジュラシック・ワールド』(2015)の吹き替えを担当してきたが、今回は「彼女が表現したお芝居を日本語でいかにわかりやすく声だけで表現していくかに気を配って演じました」と語り、「美術がとてもきれいな映画で、ブラウンさん一家のセットが本当に素晴らしいです!それから、(ブラウンさん一家の隣人の)カリーさんが登場するシーンはコミカルでお気に入りです」とコメントを寄せている。

古田新太、斉藤由貴、三戸なつめは、パディントンが出会い、屋根裏に泊めてもらうことになるブラウン一家の声を担当。古田が一家の父、ヘンリー・ブラウンを、斉藤がブラウン夫人を、三戸が娘のジュディの声を演じる。

本作が吹き替え初挑戦となった三戸なつめは、「とてもやってみたかった仕事でしたし、しかも小さい頃から見ていた大好きなパディントンの映画化だったのですごく嬉しかったです」と喜びのコメント。「セリフをいうタイミングだったり、イントネーションが難しかったです。ジュディが中学生だったのでいつもより高い声でセリフを言ったり子供らしさを大事にしました」と苦悩しつつアフレコをやり遂げた。

なお、今回の吹き替え声優陣発表にあわせ、各ボイスキャストが演じる登場人物が収められたポスタービジュアルも公開されている。

◆木村佳乃/ミリセント役 コメント

小さい頃から大好きだった「パディントン」が実写化されると聞いて、これは絶対にやらせていただきたい!と思いました。どんな映画になるのか楽しみで、関われたら嬉しいと思って引き受けさせていただきました。ニコール・キッドマン演じる謎の美女・ミリセント役を担当させていただきました。彼女が表現したお芝居を日本語でいかにわかりやすく声だけで表現していくかに気を配って演じました。美術がとてもきれいな映画で、ブラウンさん一家のセットが本当に素晴らしいです!それから、(ブラウンさん一家の隣人の)カリーさんが登場するシーンはコミカルでお気に入りです。そのあたりにも是非ご注目ください。

◆古田新太/ヘンリー・ブラウン役 コメント

声優の仕事は好きなので、二つ返事で「やらせてください」と引き受けました。洋画の吹き替えはあまり経験がないので楽しくやれました。(声優を担当したブラウンさん役を演じるヒュー・ボネヴィルは)ブレスとか呼吸の位置が非常に独特な俳優さんだったのでちょっと難しかったですが、面白かったです。ご夫婦やお父さん世代の方がお一人で観ても楽しめる映画なので、ぜひ楽しんでください。

◆斉藤由貴/メリー・ブラウン役 コメント

(オファーを受けた時)吹き替えをするのはものすごく久しぶりなので、ちゃんとできるかなぁとすごく心配でしたが、声優を担当したメリー・ブラウンというキャラクターは「物語の挿絵画家」という設定で、家の中のインテリアのしつらえなどもとてもセンスのよさが滲み出るもので、そういう女性の吹き替えができたのはとても嬉しかったです。(お気に入りのシーンは)ドールハウスが出てくるシーンです。私自身ドールハウスが好きなんですが、映画の中のドールハウスが本当によく出来ていて、隅々までじっくり観てしまうくらいでした(笑)。皆さんもぜひご注目ください。

◆三戸なつめ/ジュディ・ブラウン役 コメント

(声優のオファーを受けた時)とてもやってみたかった仕事でしたし、しかも小さい頃から見ていた大好きなパディントンの映画化だったのですごく嬉しかったです。セリフをいうタイミングだったり、イントネーションが難しかったです。ジュディが中学生だったのでいつもより高い声でセリフを言ったり子供らしさを大事にしました。(お気に入りのシーンは)パディントンがスリを追いかけて空に飛んだ場面です。ハラハラドキドキするし、ジュディがパディントンを受け入れたキッカケにもなったシーンなので好きです。パディントンの可愛い世界観や、家族の絆にも注目して観ていただきたいです!私のクマ語も是非聞いてください!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top