広末涼子、ハワイ国際映画祭で日本人女優初の快挙

女優の広末涼子が現在ハワイ・ホノルルで開催されている「第35回ハワイ国際映画祭」にて、日本人女優として初めてとなる「キャリア功労賞」を受賞した。


広末涼子(第35回ハワイ国際映画祭にて)

広末涼子(第35回ハワイ国際映画祭にて)

同映画祭は11月12日から22日にかけてホノルルで開催され、広末は長編部門に出品された主演映画『はなちゃんのみそ汁』のワールドプレミアのためハワイ入り。
14日に行われた本作のワールドプレミアでは会場前に長蛇の列ができるほどの大盛況で、場内は満席。上映中は温かい家族の物語に涙する人が続出し、上映後は割れんばかりの拍手が鳴り響いた。
観客の様子を観ていた広末も「観客の皆様が沢山笑っていてくださり、安心しました。この作品を通して、千恵さんに感謝したいです」と笑顔を浮かべていた。

さらに広末は、同映画祭がこれまでのキャリアを総括して評価した俳優に贈る「キャリア功労賞」を受賞。過去には渡辺謙や役所広司が受賞しているが、日本人女優としては広末が初。10代の頃から第一線で活躍してきたキャリアに対して、高い評価が与えられた結果となった。

現地時間15日に行われた授賞式では「この場にこうして立てることを嬉しく思っています。とても興奮していて幸せな気持ちです。有難うございます!」と英語で喜びの挨拶をし、「この度『はなちゃんのみそ汁』でこの場に足を運ばせていただき、本当に光栄で嬉しく思います。それと同時に『はなちゃんのみそ汁』も世界に羽ばたくことを夢見て、沢山の方に愛される映画となるといいなと思います!」と、改めて作品への想いも語った。

映画『はなちゃんのみそ汁』は、がんによって33歳でこの世を去った女性・安武千恵の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾との日々をつづったブログを基にした同名エッセイが原作。結婚、妊娠、出産と人生の転機をがんと闘い、食を大切に生きる千恵とその家族の姿を描く。
12月19日(土)よりテアトル新宿および福岡にて先行公開。2016年1月9日(土)より全国拡大公開。

広末涼子のコメント

この場にこうして立てることを嬉しく思っています。とても興奮していて幸せな気持ちです。有難うございます!(ここまで英語)
この映画祭は、私は初めて出席させていただきますが、とても思い出深いものがあります。皆様ご存知の方もいるかと思いますが、『おくりびと』 は、ハワイ国際映画祭ではじめて評価(賞)をいただいて、世界に羽ばたきました。アカデミー賞でノミネートされただけではなく、オスカー像を手にさせていただいて、本当に自分にとってはこの映画祭は思い出深く、すごく幸運なイメージのある場所です。
この度『はなちゃんのみそ汁』で この場に足を運ばせていただき、本当に光栄で嬉しく思います。それと同時に、『はなちゃんのみそ汁』も世界に羽ばたくことを夢見て、沢山の方に愛される映画となるといいなと思います。本当に今日はありがとうございました。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top