つんく♂、​​3.11チャリティコンサートで​​​オーケストラ​指揮

湯川&クミコ&つんく♂

つんく♂が、来年3月11日に東京・サントリーホールにて行われる東日本大震災孤児・遺児支援公演『第5回「全音楽界による音楽会」3.11チャリティーコンサート』に初出演し、オーケストラの指揮をとることがわかった。



2011年3月11日の東日本大震災による約240人の孤児、約2,000人の遺児を少しでも元気づけたいという思いから、2011年4月より年に一度サントリーホールでチャリティコンサート「全音楽界による音楽会」がスタート。ジャンルを越えて日本を代表する音楽家たちが多数参加し、当日集まったお金は「公益社団法人3.11震災孤児遺児文化スポーツ支援機構」及び一般社団法人チームスマイルを通じて、震災により孤児・遺児となった子供たちを支援するための資金となる。

クミコの歌うNPO法人日本子守唄協会・創立15周年記念ソング​​「うまれてきてくれて ありがとう」をプロデュースしたつんく♂は、同楽曲の作詞をつとめた湯川れい子よりコンサート出演のオファーを受け快諾。自身の子育て経験もあり、震災5年目という節目を迎える年に震災孤児・遺児の未来をサポートできるならば、と出演を決めた。
当日はつんく♂指揮のオーケストラのもと、クミコと湯川れい子率いる約50人の東京女声合唱団が「うまれてきてくれて ありがとう」を披露し、スペシャルなコラボレーションで音楽会に華を添える。
オーケストラの指揮をするのは久しぶりというつんく♂は「世界中に『優しき心』が届くよう、心を込めたいと思います」と意気込みを語っている。

■つんく♂ コメント

あの震災から5年。
私の次女は震災から5日後に生まれましたので、彼女も5歳になります。
生まれたばかりの子の将来を考えながら、あの震災やその後の事故について深く深く考えたあの日の事は絶対に忘れる事はないでしょう。
世界から見れば、小さな小さな島国「日本」だけど、だからこそ、そこから伝えるべきメッセージがあるように思います。
今回、こうやってこのイベントに参加出来る事をとても光栄に思っております。
クミコさんと一緒に「うまれてきてくれて ありがとう」を奏でる事、今からとても楽しみです。
オーケストラの指揮をするのは久しぶりですが、世界中に「優しき心」が届くよう、心を込めたいと思います。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top