乃木坂46、初のドキュメンタリー作品が邦画ドキュメンタリーBD歴代最高売上記録

11月18日に発売された乃木坂46にとって初のドキュメンタリー映像作品となるBlu-ray Disc「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 Blu-ray コンプリートBOX【完全生産限定】」が今週発表の11/30付オリコン週間総合BDランキング(集計期間:11/16~11/22)で総合4位にランクイン。BD映画部門では2位、BD邦画部門では1位を獲得した。



『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』©2015「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会

同作は発売初週に2.0万枚を売り上げ、2008年のBDランキング発表開始以来、 邦楽アーティストによるドキュメンタリー映画作品のBD売上枚数としては歴代最高を記録。
2015/4/27付でL’Arc~en~Cielの『DOCUMENTARY FILMS ~WORLD TOUR 2012~「Over The L’Arc~en~Ciel」(完全生産限定盤)』(2015年4月)が記録した、累積1.8万枚を発売初週で0.2万枚上回った。

また同日発売のDVDも、発売初週売上0.8万枚で同日付週間総合DVDランキング3位に初登場。映画部門では1位を獲得している。

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』は、「人は変われる」をテーマに、決して平坦ではなかった乃木坂46メンバーそれぞれの過去が明かされる一方で、現代のアイドルグループのなかで異彩を放つ存在に成長した乃木坂46の輝きを活写。
今まで明かされなかった舞台裏の映像のみならず、メンバーの地元や母校に赴き、幼少期を過ごした場所や思い出の場所でのインタビューに加え、メンバーの母親にも取材を行い、アイドルとして、そして1人の人間として生き抜く女性の素顔を描き出した。

Blu-rayおよびDVDには本編に加え、公開初日にメンバーが行った全国劇場での舞台挨拶の様子が収録され、コンプリートBOXには本編には入りきらなかったインタビューのロングバージョンやメンバーのプライベート映像も収められている。

なお、同日付週間総合BDランキングの1位は、3.5万枚を売り上げたディズニー/ピクサーアニメーション制作による映画作品のBD『インサイド・ヘッド MovieNEX』が獲得している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top