X JAPAN・椎名林檎・aikoら「ドリフェス」最終日に豪華競演 最後は“Xジャンプ”で幕

「テレビ朝日ドリームフェスティバル2015」に登場したX JAPAN

11月23日、東京・国立代々木競技場第一体育館にてテレビ朝日主催のライブイベント「テレビ朝日ドリームフェスティバル2015」の3日目公演が開催され、関ジャニ∞、キュウソネコカミ、凛として時雨、aiko、椎名林檎、X JAPANが出演した。



「ドリフェス」最終日のトップバッターは関ジャニ∞がバンド形態で登場。1曲目はアップテンポにアレンジされた「ズッコケ男道」。勢いあるバンドサウンドで一気に会場を盛り上げた。渋谷すばるが「代々木ー!」と声を張り上げ、はじまった2曲目は「キング オブ 男!」。その後も「宇宙に行ったライオン」では渋谷がハーモニカのソロを披露し、「LIFE ~目の前の向こうへ~」ではストリングスを従えての演奏で観客を魅了した。
12月2日にリリースする新曲「侍唄(さむらいソング)」を歌い終えると、渋谷は「昨年は1人で出させていただきました。関ジャニ∞ってグループやってますって言ったら今年は7人で呼んでもらえて最高に幸せです。」と感謝の言葉を述べ、「また来年も出たいなー」と愛嬌たっぷりに語った。
トークで会場の心をがっちり掴んだ後は「オモイダマ」を熱唱。最後はステージ上で7人が一列になり、両手を挙げてから「ありがとうございました!」と一礼して、次のアーティストにバトンを渡した。

続く5人組ロックバンド・キュウソネコカミは、「MEGA SHAKE IT!」からライブをスタート。ランウェイに勢いよく飛び出すと、「知らない人もついてこいー!」と会場を煽り、「ファントムヴァイブレーション」「ビーフ or チキン」「ハッピーポンコツ」と展開。
MCではヨコタシンノスケ(Key, Vo)が、会場を見渡しながら「こんなデカイ規模で(ライブを)やったことないんです。光る棒(サイリウム)、嬉しい!」と喜びを表現。
ラストの「お願いシェンロン」では、ヤマサキがステージからはけたかと思えば「aiko!昨日、誕生日おめでとう!」と、茶色の全身タイツにダンボールで作られた“カブトムシ”の被り物で中央ステージに再登場。カブトムシになりきったヤマサキを他のメンバー4人が担ぎ、会場は笑いと拍手に包まれた。


3番手は、男女ツインボーカルの3ピースロックバンド・凛として時雨。「Who What Who What」から「I was music」「DISICO FLIGHT」などを次々と披露。K(Vo, G)は終始シャウトし、345(Vo, B)は、胸まである長い黒髪を小柄な身体全体を使って振り乱す圧巻のパフォーマンスを見せ、ピエール中野(Dr)は「急に激しいの出てきちゃってびっくりしたでしょう。ごめんなさいね」と会場を和ませた。
「X JAPANを見てドラムを始めました」と明かしたピエールは、この場で、ずっとやってみたかったという「We are?」「X!」のコール&レスポンスを実現。「今のが後々役立つことになるでしょう」と、この後に控えるX JAPANのライブへの期待感を煽った。

aikoの1曲目は2000年のヒット曲「カブトムシ」。歌い終えると、先程のキュウソネコカミの演出を受けて「聴いていただきましたのは、本物の『カブトムシ』でした!」と話して会場の笑いを誘った。「おしゃれして来ました」とはにかむaikoの衣装は、水色地にコーラルピンクの3本線が入り、腕から腰にかけてチュールがあしらわれたパーカーに、紺地に白の水玉柄、裾に赤のパイピングがされた2段スカート。
その後は「夢見る隙間」「二人」を続けて歌い上げ、カラフルな色使いの照明も味方につけて観客を虜に。「aikoー!」の歓声に「みんなの心に届くように歌います。」と力強く宣言し、「合図」「三国駅」を熱唱。続く「ボーイフレンド」では、客席にマイクを向けて会場の一体感を高めると、最後は昨年リリースした疾走感の溢れるナンバー「あたしの向こう」で締めくくった。


タキシードを着たバンド隊のファンファーレ。そこに姿を現したのは、椎名林檎だ。身体のラインが強調されるドレッシーな赤いセットアップに、赤いピンヒール、鎖骨を覆うほどの大きさのシルバーのネックレス、頭には大振りのクラウンという出で立ちで登場すると、「マヤカシ優男」「真夜中は純潔」「殺し屋危機一髪」「神様、仏様」と4曲を一気に駆け抜けた。その後「御祭騒ぎ」「長く短い祭」を歌い上げた椎名は、一瞬会場に背を向けると、拡声器を手に前に向き直り、「こんばんは!代々木!」と声を張り上げ、東京事変の「群青日和」を披露。最後はギターを激しくかき鳴らしての「NIPPON」でオーディエンスを魅了した。

3日間にわたる「ドリフェス2015」の大トリは、X JAPAN。観客は手にしたサイリウムを交差させて「X」をつくり、その時を待つ。
オープニングSEの「Miracle」が流れるなか、メンバーが登場すると、会場は大歓声に包まれた。1曲目「JADE」がはじまると、ステージ前方に炎が上がり、フロアの熱気も一段とヒートアップ。「RUSTY NAIL」の後、YOSHIKI(Dr, Piano)のピアノとSUGIZO(G)のバイオリンでしっとりはじまった「KURENAI」では、ToshI(Vo)の「紅だー!!」の掛け声とともに銀テープが会場を舞い、激しさを増していく。ToshIが「おまえたち、会いたかったぜー!」と叫ぶと、観客のボルテージも最高潮に達した。


YOSHIKIは「こんばんは、元気?That’s right. 素敵なフェスに招待していただきありがとうございます」と挨拶。「長いこと海外でもやってきて、20年ぶりに日本でツアーをやることになりました。過酷なイメージをX JAPANに持っていると思いますが、苦しい日、悲しい日を費やして、ここまで来れました。」と話しながら感極まる場面も。「何十年もファンの人が応援してくれたのでこうしていれます。感謝の気持ちを込めて次の曲を演奏したいと思います。」とはじまったのは「FOREVER LOVE」。「BORN TO BE FREE」に続く、「X」ではToshIの煽りに観客が全力の“Xジャンプ”で応え、「We are?」「X!」のコール&レスポンスが何度も繰り返された。
会場の「We are X」コールを受けて始まったアンコールでは、過去のライブ映像をスクリーンに流しながら「ENDLEES RAIN」を熱唱。「みんなどうもありがとう!最後に、We are?」とメンバーからの問いかけに会場全体で「 X!」と叫び、最高潮の盛り上がりの中、2015年の「ドリフェス」は幕を閉じた。

11月21日から3日間にわたり開催された「テレビ朝日ドリームフェスティバル2015」は総勢18組のアーティストが出演し、延べ3万3000人を動員。
同イベントの模様は、CS放送「テレ朝チャンネル1」にて2016年1月に放送予定となっている。

■キュウソネコカミ


■凛として時雨

■aiko

■椎名林檎

■X JAPAN

「テレビ朝日 ドリームフェスティバル 5th ANNIVERSARY 2015」DAY3 セットリスト

2015年11月23日(月・祝) 国立代々木競技場第一体育館

■関ジャニ∞
1. ズッコケ男道
2. キング オブ 男!
3. 宇宙に行ったライオン
4. LIFE ~目の前の向こうへ~
5. 侍唄(さむらいソング)
6. High Spirits
7. 勝手に仕上がれ
8. オモイダマ

■キュウソネコカミ
1. MEGA SHAKE IT !
2. ファントムヴァイブレーション
3. ビーフ or チキン
4. ハッピーポンコツ
5. DQNなりたい、40代で死にたい
6. ビビった
7. お願いシェンロン

■凛として時雨
1. Who What Who What
2. I was music
3. DISICO FLIGHT
4. SOSOS
5. abnormalize
6. Telecastic fake show
7. 感覚UFO
8. 傍観

■aiko
1. カブトムシ
2. 夢見る隙間
3. 二人
4. 合図
5. 三国駅
6. ボーイフレンド
7. 愛の病
8. あたしの向こう

■椎名林檎
1. マヤカシ優男
2. 真夜中は純潔
3. 殺し屋危機一髪
4. 神様、仏様
5. 御祭騒ぎ
6. 長く短い祭
7. 群青日和
8. NIPPON

■X JAPAN
1. MIRACLE
2. JADE
3. RUSTY NAIL
4. KURENAI
5. FOREVER LOVE
6. BORN TO BE FREE
7. X
En1. ENDLEES RAIN

「テレビ朝日ドリームフェスティバル2015」

■放送月:2016年1月(予定)
■番組公式HP:http://www.tv-asahi.co.jp/ch/dreamfestival/
■チャンネル:テレ朝チャンネル1
※放送アーティストは未定



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top