乃木坂46、初出場の紅白で「集大成見せる」 生駒里奈は感極まり涙も

乃木坂46が26日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた「第66回NHK紅白歌合戦」の出場歌手発表会見に出席した。


会見では、意気込みを求められた生駒里奈が「結成する前は普通の女の子だったんですけど、こうやって日本のみんなが知っている大好きな紅白歌合戦という番組に出るということはすごく・・・・素晴らしいなと思います」と話しながら、涙で言葉を詰まらせる場面も。「こんなに嬉しいんだなって、それをみんなで共有することができて、ファンの皆さんにもお伝えすることができて、スタッフの皆さんとも今日ここに来ることができて、すごく嬉しいです」と感無量。「パフォーマンスも乃木坂らしい、いい音楽を皆さんに伝えられるように一生懸命頑張ります」と意気込んだ。


キャプテンの桜井玲香は「みんなでいつか出演したい夢の舞台だったので、すごい衝撃で、言葉もでずに、ただただ『頑張ろう』って言い合いました」と、出場決定の知らせを聞いた瞬間を振り返る。 

出場濃厚と言われながら出場を逃した昨年の雪辱を果たす形となった乃木坂46。
桜井は「去年は自分たちの実力不足を痛感した。紅白のことがきっかけにもなって、今年一年間の普段の活動態度だったりとか、ツアーを回る上での取り組み方だったりとか、1から全部考え直すいいきっかけになった」と意識の変化を明かす。「今年一年間メンバーで力を合わせて、全力で走ってきたので、今年こうして出場できることが本当に嬉しい。当日は今年一年間の集大成をしっかり皆さんにお伝えできるように頑張りたいなと思っています」と力強く語った。

また、会見中には桜井玲香が、今回の紅白歌合戦で白組の司会を務めることが明らかとなったV6の井ノ原快彦から、同じく紅組司会の綾瀬はるかの物真似を振られ、会場を笑いで包む一幕もあった。

第66回紅白歌合戦のテーマは「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」。
乃木坂46のほか、大原櫻子、Superfly、μ’s、レベッカ、星野源、、BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。、三山ひろし、山内惠介の計10組が初出場。
紅組の司会を綾瀬はるか、白組の司会をV6の井ノ原快彦が務め、総合司会はNHKの有働由美子アナウンサーと黒柳徹子が担当する。

第66回NHK紅白歌合戦は12月31日(木)、19時15分から23時45分までNHK総合・NHKラジオ第1にて放送予定。(途中5分間の中断ニュースあり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top