大原櫻子&トータス松本、映画「ちびまる子ちゃん」で声優にも挑戦

歌手の大原櫻子とウルフルズのトータス松本が、『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』で声優に挑戦していることがわかった。


本作は人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の23年ぶりの劇場版。大原とウルフルズはそれぞれ挿入歌・エンディング曲を歌うことがすでに発表されていた。

今回声優初挑戦となる大原櫻子が演じるのは、まる子の家にホームステイするイタリア人の男の子・アンドレアのお母さん役。そして、大原の歌う挿入歌「キミを忘れないよ」を手掛けた音楽プロデューサーの亀田誠治がお父さん役を担当。
大原は「小学校の頃の授業参観に来ていたお母さんの様に温かく迎えられたらなと思って演じました」と、自身の思い出を振り返りながら演じたことを明かし、亀田誠治は「留学中の息子に会いに行った時にと交わした会話とシンクロしてびっくりした」と演じた役に対する想いを語った。

トータス松本が演じたのは、まる子・アンドレア・友蔵一行が大阪旅行で出会う大阪のおっちゃん役。
いかにも大阪にいそうなおっちゃん役に、なんと一発OK。しかし本人は「何回もテイクを重ねて、うまくなっていく2人(大原・亀田)を見て、悔しかった!(笑)」 と、声優挑戦にストイックな面も見せた。

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』は12月23日(水・祝)全国公開。

大原櫻子 コメント

声優のお仕事は初めてでしたし、またその作品が大好きな「ちびまる子ちゃん」というのが嬉しかったです。
アフレコは楽しかったの一言です。終った後に、もっともっとやりたいって思いました。“画に声をのせる”って難かったんですけど、すごく楽しかったです。「ちびまる子ちゃん」のキャラクターと触れ合って、正 直実感がまだないですが、できあがりがすごい楽しみです。私の出番は後半なので、出てくるまで緊張しちゃいます!

亀田誠治コメント

25年前にリアルタイムで観ていた作品、自分の人生の半分を一緒に歩んでいる作品に、音楽を作ることができたり、声優として参加することもできて、生きているといいことがあるなって感じました。

トータス松本コメント

世話焼きな大阪のおじさん役を演じさせていただきました。僕も劇中と似たような経験をしたことがありまして。うろうろしていると全然知らないおじさんが、話しかけてくるっていう(笑)。大阪にはそういうおじさんがいっぱいいますよね。
「ちびまる子ちゃん」のキャラクターに触れ合ったはずなんですけど、余裕がなかったんで覚えてないです(笑)。触れ合いましたっけ?そーだ、友蔵さんに道聞かれたんやった!出来上がってから噛み締めます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top