前田敦子、ブルーレイの魅力を伝えるDEGアワードアンバサダーに就任

女優の前田敦子が第8回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ™大賞」のDEGアワードアンバサダーに就任することがわかった。


DEGアワードアンバサダーに就任した前田敦子

DEGアワードアンバサダーに就任した前田敦子

同アワードは、映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」(DEGジャパン)が、2015年に発売されたブルーレイ作品の中で、ブルーレイディスクの特長を最も活かした作品を表彰するもの。

無類の映画好きとしても知られる前田は、作品をブルーレイで鑑賞することも多く、近年特にユーザーが広がっている若い女性の代表として、ブルーレイの魅力を訴求してもらいたいということから、今回のアンバサダー就任が決定した。

アンバサダーに就任した前田は「DEG アワードは、優れたブルーレイソフトを表彰するアワードだと聞いています。私も映画が好きで、ブルーレイでも観ることがあるので、とても楽しみです」とコメント。
また、「いつか出演している作品がブルーレイ大賞を取れるといいですね」と期待を抱く。
今後はアンバサダーとして、ブルーレイの魅力を様々な形で発信していく。

第8回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ™大賞」は2015年1月1日~12月31日の間に国内で発売・販売されたブルーレイ作品を対象に、審査委員による2度の選考を経て、グランプリほか部門別のベスト高画質賞、ベスト高音質賞などを決定する。
授賞式は2016年2月17日(水)に東京都内で予定。受賞作品は授賞式およびDEGジャパンのWebサイト内で発表。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top