唐沢寿明&小雪らポーランドロケの裏側を明かす

映画『杉浦千畝 スギハラチウネ』が5日に公開初日を迎え、主演の唐沢寿明らキャスト陣が都内で舞台挨拶を行った。


映画では第二次世界大戦中、リトアニア領事として日本政府に背き、ユダヤ難民にビザを発給し続け6000人の命を救ったといわれる外交官・杉原千畝の壮絶な半生が描かれる。

舞台挨拶の冒頭、関東軍の将校を演じた塚本高史は「日本人の中で僕は唯一悪役で、人を殺し、裏切る。でも本当の僕は裏切りません。いい人です」と宣言して会場を和ませる。
そんな塚本について唐沢は、「塚本くんは爽やかないい青年なんですけど、撮影に入ると目つきが変わるから、いつ監督を撃つかとヒヤヒヤしてました」と現場での豹変ぶりを伝えた。

舞台挨拶の様子

舞台挨拶の様子

本作はワルシャワを中心にポーランド全土でロケを敢行。
駐ドイツ日本大使・大島浩を演じた小日向文世が「(ポーランドにいたのは)実質5日間くらいで、朝から晩まで唐沢さんと2人のシーンばっかり。だからあまり観光はできなかった」と残念そうに話すと、唐沢はすかさず「小日向さんは5日間しかいなかったけど、毎日Tシャツ屋に通ってた」と曝露。「お土産で買うTシャツを探してて、『Tシャツ屋知らない?』ってずっと言ってました。最後の日はお昼も食べないでTシャツ屋行ってましたよね」と明かして会場を笑わせた。
一方、小日向は現場での唐沢について「(普段は)冗談をたくさん喋る方なんだけど、現場に行った時に本当に物静かで、今思うと本当に役に入ってたんだなと思いました。沈着冷静な杉原千畝さんに入ってた」と、その役作りに感心しきりだった。

さらに唐沢は杉原千畝の妻・幸子を演じた小雪についても「ほぼ毎日観光してましたね」と曝露。
「観光大使できるかもっていうくらい、いろいろと見させていただきました」という小雪は「ポーランドはショパンの生地でもあるので、ショパンミュージアムに行ったり、お城巡りをしたり……」とポーランドをかなり満喫した様子。
本作のメガホンをとったチェリン・グラック監督も「『今どこ?』って電話したら『ルイ・ヴィトンの屋上のカフェでお茶飲んでます』って」と小雪の優雅なポーランド滞在の様子を紹介。
唐沢が「僕らは毎日死ぬ思いで撮影してました」と冗談っぽく毒づくと、小雪は「堪能させていただいて、申し訳ない気持ちでした」と苦笑いだった。

舞台挨拶の終盤には、前日に来日したという、実際に杉浦千畝からビザを受け取り生き残ることができた通称”スギハラサバイバー”であるシルビア・スモーラー氏もステージに登場。唐沢は「こうしてお元気でおられて本当によかった。杉原さんってすごい人だったんだなと思います」と、自身の演じた実在の人物の偉業にあらためて感服していた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top