三吉彩花&松井愛莉「中等部7年です」 さくら学院5周年ライブにサプライズ登場

モデルで女優の三吉彩花と松井愛莉が6日、神奈川・KAAT神奈川芸術劇場で行われた「さくら学院 5th Anniversary LIVE ~for you~」にサプライズ登場した。


メンバーは義務教育終了の中学3年生の3月で必ず卒業するというルールのもと活動する“成長期限定ユニット”さくら学院。三吉と松井はともに2012年3月にグループを卒業した初代卒業生。

アンコール1曲目「message」の途中、ステージ中央の扉が開き、2人が姿を現すと、場内にどよめきが起こった。そのまま現役メンバーと一緒に「message」を歌いあげた2人は、「中等部7年です」と口を揃えて自己紹介し、会場を沸かせた。

さくら学院5周年ライブにサプライズ登場した松井愛莉と三吉彩花

さくら学院5周年ライブにサプライズ登場した松井愛莉と三吉彩花

松井に憧れているという吉田爽葉香は初めて対面した本人にハグされ、「可愛くて夢の中にいるみたい」と感激しきり。
岡田愛から「どうしたらそんなにキレイになれるんですか?」と聞かれた三吉は「私たちもこれからまだまだ“スーパーレディー”になるために頑張ってますから、みんなは今のままでいいんだよ」と諭し、松井は今年度の生徒について「すごいパワフル。元気があるというか、ダンスもキレキレ」と印象を語った。

白井沙樹が「この2人が揃ったということは、あの曲があるじゃないですか」と切り出すと、会場はひときわ大きな歓声に包まれ、三吉と松井が在校時の2人のユニット曲「Brand New Day」を披露。途中からは現役メンバーも加わって、この日限りの貴重なステージとなった。
歌唱後に三吉は「いや〜、おばちゃんたちは疲れた」と息を切らしながらも、「楽しかったです。歌ったり踊ったりする機会がなかなかないので、久しぶりに母校に帰ってきた感じで嬉しい」と笑顔を見せた。

最後に松井は「さくら学院は原点で、成長させてくれた学校なので、みんなも成長していってもらいたいと思うし、私も“スーパーレディー”になるために頑張っていくので、これからもさくら学院と私たちを見守っていてくれたら嬉しいです」と話し、三吉は「こんなにたくさんの方の前で歌わせて頂く機会は在校していた頃もそんなになかった。これは後輩たちみんなの努力の証。これからも在校生のみんなはどんどん成長していくと思うし、私たちもみんなのお手本になれるように、卒業生も温かく見守ってくれたら嬉しいです」と観客に呼びかけた。
さらに、「今日8時にライブが終わって、たしか夜10時くらいから『おしゃれイズム』に私が出演させていただきまして、その後の流れでドラマ『エンジェル・ハート』が最終回。その後11時55分くらいから松井愛莉が『Going!』に出ます」と、しっかり番宣してステージを後にした。

この日の公演は12月8日にデビュー5周年を迎えるさくら学院の、5周年記念ライブの2日目。
自己紹介ソング「目指せ!スーパーレディー -2015年度-」からスタートしたライブでは、5th Anniversaryメドレーや、「失敗しても前に進んでいこうという前向きな歌詞に注目」という新曲「キラメキの雫(かけら)」などをパフォーマンス。
アンコールラストはデビュー曲「夢に向かって」で締めくくった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top