年間ランキングを席巻中の三代目JSB、ビルボードジャパンHot100でも年間1位

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

「2015 年間 USEN HIT J-POPランキング」1位、「DAM年間カラオケリクエストランキング2015」総合1位、「レコチョク年間ランキング2015」では3部門で1位と、今年の音楽ランキングを席巻している三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが、「Billboard JAPAN Hot100 of the Year 2015」のシングル総合チャートでも年間1位を獲得した。



11日に米国ビルボードおよびビルボードジャパンが発表した「Billboard JAPAN総合チャート Hot100」のシングル総合チャート年間1位に輝いたのは三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」。
同曲は2014年6月の発売ながら、印象的な“ランニングマン・ポーズ”を象徴としてロングヒット。今年発売されたあらゆる楽曲を退けて首位に輝く、異例の快挙となった。

ボーカルの今市隆二は「Billboard JAPANチャートのHot100年間1位というのはなかなか獲れるものではないですし、それだけ多くの人が 『R.Y.U.S.E.I.』を愛してくれたことに対しても感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。
登坂広臣は「2014年は『R.Y.U.S.E.I.』にとっても僕ら自身にとっても『良い年だったね』という形で締め括ることが出来たんですけど、 今年も『R.Y.U.S.E.I.』が名誉ある形で1位を頂けたということで、自分たちとしても『代表曲になったんだな』と実感することができます」と喜びを噛みしめた。

「Billboard JAPAN総合チャート Hot100」は全国推定売上枚数、ダウンロード回数、ラジオ放送回数、Look Up回数、ツイート数、ストリーミング数、YouTube再生回数を合算した、音楽チャートの中心となるシングル総合チャート。
2位から4位は嵐が独占し、5位はSEKAI NO OWARIの「Dragon Night」と続く。三代目J Soul Brothersは「Summer Madness」で7位にもランクインしている。

■ビルボードジャパン年間チャート発表
http://www.billboard-japan.com/special/detail/1419



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top