土屋太鳳&山崎賢人ら、“卒業旅行”でロケ地松本に凱旋

女優の土屋太鳳、俳優の山崎賢人ら映画『orange-オレンジ-』のキャスト陣が12日、本作のロケ地となった長野・松本を訪問。凱旋プレミアを行った。


この日、都内で初日舞台挨拶を行った土屋、山崎、竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみは、そのまま「最初で最後の卒業旅行」と銘打って濃密な撮影の時間を過ごしたロケ地・松本に凱旋。松本シネマライツにて、詰めかけた大勢の地元ファンに囲まれながら、劇場内に敷かれた約40メートルの“オレンジカーペッド”を歩いた。
さらに、撮影中にキャストが訪れた四柱神社の宮司様が登場し、映画の大ヒット祈願を込め、絵馬をプレゼント。こちらは後日、キャストが直筆で記入したものが映画の公開終了まで松本シネマライツにて展示され、その後、四柱神社に奉納される予定。

会場の興奮も冷めぬまま、場所をスクリーン内に移し、“松本凱旋プレミア”と銘を打ち、キャスト6人と橋本光二郎監督で舞台挨拶を実施。
主演の土屋は「皆さんに愛情を注いで頂いた作品が無事に公開になりました。こんな素晴らしい日に松本に来ることができて嬉しいです」と挨拶。「監督と、この5人と出会えたことに感謝しております。『orange』は本当にみんなでその瞬間を生きた“愛情のバトン”のような作品でした。皆さんと繋がるバトンでもあります」と本作への想いを伝えた。

山崎も「公開初日に松本に来れたことを本当に嬉しく思っております」と凱旋を喜び、「皆さんの協力のおかげで本当に素晴らしい作品に仕上がっていますし、こんなに素敵なオレンジカーペッドまで歩くことができて本当に素敵な1日です」と撮影でお世話になった松本の人々に感謝。「本当に幸せな作品でした。『今を大事に生きていこう。仲間は大事にだな』と心から思えた作品でした」としみじみと語った。

映画は全5巻で累計発行部数400万部を超える人気同名漫画が原作。土屋演じる女子高生・高宮菜穂が10年後の自分から届いた手紙をもとに、大切な人との未来を変えるために奮闘するというファンタジックな青春群像劇。全国公開中。

■映画公式サイト
http://www.orange-movie.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top