新米ママの西山茉希、ショートカットになって「育児を語れる女性になりたい!」

西山茉希

タレントの西山茉希が17日、東京・二子玉川ライズで開催中の「北欧ファミリーDAYS 2015」オープニングイベントに登場した。


12月17〜19日の3日間期間限定で東京・二子玉ライズ ガレリアにて開催される「北欧ファミリーDAYS 2015」は、北欧の文化を楽しむことができるというもの。北欧ならではの子育て環境や支援事例を集めた展示、体験ワークショップなどを盛り込み、イメージキャラクターには小鹿の女の子という設定のサンリオ人気キャラクター「ハミングミント」を起用する。

そのオープニングイベントとして、一児の母親でタレントの西山茉希、フィンランド語翻訳通訳家の坂根シルック氏をスペシャルゲストに招いてのトークショーを実施。妊娠中の検診や出産費用が無料といった優遇制度があるため、フィンランドは女性が働くことが当たり前の社会となっていること、オンとオフをはっきり分けて仕事に取り組んでいること、といった北欧と日本の子育て環境の違いが明かされた。

フィンランドの出産に関する優遇措置に関して西山は「信じられません!本当に素敵でうらやましいですよ。日本はそうではありませんが、こうした情報が多くの人に広まり、もっと救われていく家庭が増えることを期待しています」と日本でも北欧並の育児政策を望む場面も。キャラクターのハミングミントについては「子どもが喜ぶと思いますよ。キャラクターが目に入るだけでテンションが上がる時期なので」と2歳になった愛娘のことを交えてコメントした。

結婚生活の話題になると、「結婚して子供を産んだ後のほうが、本来の自分が求めている…、人として生きているという感情があります。私はまだ2歳の娘がいる新米ママ。何十年か経ったときに、おだやかに育児を語れる女性になりたいですね」と将来の希望も述べていた。

トークショー終了後の囲み取材では、ショートカットにした理由について「結婚式を挙げるまで髪を5年間切らずに伸ばし続けていたのですが、結婚式を終えてちょっとずつ切っていくうちにこの長さになりました」と言及。気になる第二子の出産も意欲的で「我が家では考えています。2人目、3人目も。待っていてください!」と笑顔だった。

「北欧ファミリーDAYS 2015」は、12月17〜19日に東京・二子玉ライズ ガレリアにて開催。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top