松山ケンイチが虎柄パンツで… 実写化で話題沸騰の「珍遊記」特報映像が解禁

先日、まさかの実写化が大きな話題となった映画『珍遊記』の特報映像が早くも解禁された。



1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」を、主演・松山ケンイチで実写映画化する本作。
公開決定が報じられるやいなや、Twitterでは“松山ケンイチ”が6時間以上トレンド入りを果たし、ツイート数もわずか10時間で2万5千超え、Yahoo!「話題なう」では“珍遊記”の1位をはじめ “松山ケンイチ”が3位、“画太郎”も7位にランクインするなどネットを席巻した。

そんな興奮冷めやらぬ中、今回公開された特報映像の冒頭では、本作の配給元である東映のマークがまさかの“うんこ”に。
俳優・声優の千葉繁のナレーションに続いて、松山ケンイチ演じる山田太郎の全裸姿、虎柄パンツ姿という原作でお馴染みのいでたちが映し出され、変顔やお尻のどアップ、放屁の後に「身、出ちゃったかな?」ととぼけ声でお尻を手で押さえるなど、お下劣ネタ満載な原作の世界感を忠実に再現していることが確認できる。

映画『珍遊記』は2016年2月27日(土)公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top