乃木坂46アンダーメンバーが武道館で躍動 夢の舞台に盟友たちも駆けつける

乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」のアンダーメンバーによる「乃木坂46 アンダーライブ at 日本武道館」が12月17日・18日の2日間にわたり、日本武道館にて開催。延べ2万人が来場し、アンダーライブとして過去最大規模となった。


ライブは幕開けから“ノンストップコーナー”として「嫉妬の権利」に始まり「自由の彼方」「13日の金曜日」を歌いあげ、全12曲を立て続けに披露。途中に挟まれたDANCEパートでは一人一人のソロパフォーマンスがあり、クールな表情や可愛いらしい表情を見せたりと実に豊かな内容でファンを楽しませた。
その後のMCでは、堀未央奈が「みなさ〜ん!ついについに!アンダーライブが武道館にやってきましたよ〜!」と大きな声で投げ掛けると、割れんばかりの歓声と会場に光り輝くサイリウムが一体となって応えた。

続く“全員センターコーナー”では、2日間に分けて全アンダーメンバーが1人ずつセンターを務めた。「立ち直り中」のセンターを務めた寺田蘭世は、「一番先頭にいると、誰も見えないから不安で、振りを間違えたらどうしようかと思ったけれど、センターに立って歌わせてもらってすごく嬉しかったです」と満足気に語った。

堀未央奈(左)、中元日芽香(右)

堀未央奈(左)、中元日芽香(右)

ライブ終盤は「ぐるぐるカーテン」「走れ!Bicycle!」「バレッタ」とヒットシングルでラストスパート。中元日芽香は「最初の頃は会場を埋める事ができず悔しい想いもしたけれど、少しずつお客さんが増えていって“武道館でアンダーライブをやりたい”という野望を持ちました。今日こうしてアンダーメンバーだけでこのステージに立ち、こんな素晴らしい舞台に立たせてくれた皆さんに心から感謝します」と喜びを噛み締め、「君の名は希望」をメンバー一丸となって歌い上げて本編が終了した。

アンコールでは、かつてのアンダーライブをともに盛り上げてきた伊藤万理華、井上小百合、齋藤飛鳥、衛藤美彩、星野みなみがサプライズで駆けつけ、アンダーライブの思い出をファンと共有しながら、「左胸の勇気」をパフォーマンス。衛藤は目に涙を浮かべながら「みんなの力で勝ち取った武道館は本当にすごいと思います!私もこの喜びを同じステージ上で、少しでも分かち合えたことをとても嬉しく思います」と感激を顕わにした。

アンコールラストは「乃木坂の詩」をファンとともに歌い上げ、2日間の武道館公演に幕が下りたかと思われたが、会場からは初日の公演でグループからの卒業を発表した永島聖羅を呼ぶ、割れんばかりの“ながさんコール”が起こった。声援に応えて再びステージに登場した永島は「まだまだ終わりたくたいの?」と観客に問いかけると、「それでは聞いて下さい『ハウス!』」の掛け声でメンバーがステージに再集合。会場は永島聖羅のサイリウムカラーの“黄色”に包まれ幕を閉じた。

「乃木坂46 アンダーライブ at 日本武道館」セットリスト

<1日目>

M1:嫉妬の権利
M2:自由の彼方
M3:13日の金曜日
M4:ダンケシェーン
=DANCEパート=
M5:狼に口笛を
M6:生まれたままで
M7:指望遠鏡
M8:他の星から
M9:孤独兄弟
M10:サイコキネシスの可能性
M11:ハウス!
M12:命は美しい
=全員センターコーナー=
M13:太陽ノック(斉藤優里)
M14:君は僕と会わない方がよかったのかな(和田まあや)
M15:あの日、僕は咄嗟に嘘をついた(永島聖羅)
M16:会いたかったかもしれない(新内眞衣)
M17:私のために 誰かのために(堀未央奈)
M18:水玉模様(北野日奈子)
M19:ロマンティックいか焼き(渡辺みり愛)
M20:転がった鐘を鳴らせ!(相楽伊織)
M21:制服のマネキン(能條愛未)
M22:僕がいる場所(伊藤かりん)
M23:涙がまだ悲しみだった頃(伊藤純奈)
M24:ぐるぐるカーテン
M25:走れ!Bicycle
M26:バレッタ
M27:左胸の勇気
=本編終了=
EN1:今、話したい誰かがいる
EN2:シャキイズム
EN3:月の大きさ
EN4:君の名は希望
EN5:悲しみの忘れ方

<2日目>

M1:嫉妬の権利
M2:自由の彼方
M3:13日の金曜日
M4:ダンケシェーン
DANCEパート
M5:狼に口笛を
M6:生まれたままで
M7:指望遠鏡
M8:でこぴん
M9:無表情
M10:サイコキネシスの可能性
M11:ハウス!
M12:命は美しい
=全員センターコーナ−=
M13:おいでシャンプー(斎藤ちはる)
M14:別れ際、もっと好きになる(鈴木絢音)
M15:僕が行かなきゃ誰が行くんだ?(樋口日奈)
M16:ロマンスのスタート(川後陽菜)
M17:立ち直り中(寺田蘭世)
M18:何もできずにそばにいる(山崎怜奈)
M19:そんなバカな...(川村真洋)
M20:世界で一番 孤独なLover(佐々木琴子)
M21:春のメロディー(中元日芽香)
M22:何度目の青空か?(中田花奈)
M23:ぐるぐるカーテン
M24:走れ!Bicycle
M25:バレッタ
M26:君の名は希望
=本編終了=
〜ENアンダーライブ歴史メドレー〜
EN1:
ここにいる理由
あの日、僕は咄嗟に嘘をついた
扇風機
初恋の人を今でも
ガールズルール
EN2:左胸の勇気
EN3:乃木坂の詩

DEN1:ハウス!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top