EXILE ATSUSHI + AIが広末涼子×内田有紀のドラマ「ナオミとカナコ」主題歌書き下ろし

EXILE ATSUSHI + AI

EXILE ATSUSHIとAIのコラボレーション第3弾となる新曲「No more」が2016年1月14日(木)より放送を開始するフジテレビ系ドラマ木曜劇場『ナオミとカナコ』主題歌に決定した。


奥田英朗の同名小説を原作とする同ドラマは、望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美と夫のひどい暴力に耐える専業主婦の加奈子が、泥沼の日常を抜け出して、人生を取り戻すため究極の選択をする本格サスペンス。

2008年に発表した「So Special」、今年6月にリリースした「Be Brave」に続き、3度目のコラボレーションとなる「No more」は、ドラマの世界観に合わせATSUSHIとAIの2人が書き下ろした作品。2人のボーカルが織り成すハーモニーが美しい一曲となっている。

楽曲について、ATSUSHIは「ドラマの内容からも、今回の楽曲は、つらい思いをしている、今の現状から、少しでも光のある場所へ、明るい未来へ、抜け出そう。そういったテーマになっています。タイトルに込められたNo moreとは、これ以上、このままではいけない。という、決心の表れでもある言葉です。これ以上、泣いていたくない、これ以上傷つけたくない、そんな思いを、守るもののために、強い信念を持って、つらぬこう。そんな曲になっています。あきらめるにはまだ少し早すぎるというフレーズがありますが、イジメの問題や、DVの問題など、弱い立場にいらっしゃる方へ、勇気を出して、そこから抜け出そう?そんな強い想いのこもった曲になりました。」と作品への熱い思いを語った。

ドラマの長部聡介プロデューサーは「『ナオミとカナコ』は暴力という理不尽な力によって困難な状況に置かれた主人公2人がギリギリの決断をして、自分たちの人生を切り開いていくドラマです。痛みを知っている人間だけが持つ本当の優しさ、弱さを抱えている人間だけが持つ本当の勇気、それらが凝縮された繊細で温かく、力強い曲が出来上がりました。EXILE ATSUSHI + AIという日本を代表するシンガー2人の歌声がナオミとカナコに、そしてドラマを見てくれるすべての人に、明日を生きる力を与えてくれると確信しています」と、完成した楽曲に太鼓判。

同楽曲は近日中に配信リリースされる事も決定。9月に第一子となる女児を出産したAIにとっては、産後初のリリース作品となる。
ドラマの内容を意識しての曲作りにあたって、「私もちょうど赤ちゃん産んだばっかりの時だったので赤ちゃんの世話とか母乳をやりながら歌詞を考えてました。おかげで気持ちがより入りました!」と語るAI。「またここまでハモってる曲もなかなかないので歌うのもすごく楽しかったです!!ATSUSHI君と妥協せず今回も最高な曲ができたので、是非 みなさん聴いて下さいね!!!らびゆー!」とAIらしくアピールしている。

また、ATSUSHIは「AIちゃんとのレコーディングはいつもワクワクします。意見がぶつかることがほぼなく、ここは自分が引いた方が良いのではないかという、引き算をする時にでもせっかくカッコいいんだから、それは入れようなど常にお互いを尊重して制作に集中出来ます」とレコーディングを振り返りながら、「休憩時間に、お子さんの写真を見せてもらったり、本当に彼女とお会いすると、いつも幸せな気持ちにさせてくれます」と、音楽性やライフスタイルなどをひっくるめ、お互いをリスペクトしあう二人の絆をのぞかせた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top