大島優子が包丁を手に微笑む、舞台「美幸」ビジュアル公開 音楽は中田ヤスタカが担当

放送作家の鈴木おさむが作・演出を手掛ける舞台『鈴木おさむ劇場 美幸 -アンコンディショナルラブ-』のメインビジュアルが公開された。


『鈴木おさむ劇場 美幸 -アンコンディショナルラブ-』メインビジュアル

『鈴木おさむ劇場 美幸 -アンコンディショナルラブ-』メインビジュアル

学生時代、執拗ないじめにあい、絶望から逃れるために心が歪んでしまった少女・美幸は、大人になり、出会った元役者・雄星に無償の愛をささげることを誓う。その愛し方は猟奇的でもあり、やがてエスカレートし、彼を悲しませる要因となるすべての人々に、彼に代わって秘密裏に復讐を企てていくというストーリー。
女優の大島優子がタイトルロールでもある美幸を演じ、怪優・鈴木浩介が美幸の憧れの存在である雄星をはじめ、男性登場人物五役を1人で演じ分ける。

大島優子とも親交が深いフォトグラファーの蜷川実花が撮り下ろしたメインビジュアルは、正面を見つめる鈴木浩介と、その前に包丁を手にして微笑む大島優子が赤い光に当てられて浮かび上がっている。本作が、狂気にも似た、しかし純粋な、究極の愛の物語であることを感じさせる1枚となっている。

また、数多くの国内トップアーティストのプロデュースだけでなく、ハリウッド映画に楽曲提供するなど国際的に活躍する中田ヤスタカ(CAPSULE)が本作品のために新曲を書き下ろすことが決定した。新曲のほか、中田がこれまでに発表してきた楽曲も多く使用される予定。

『鈴木おさむ劇場 美幸 -アンコンディショナルラブ-』は、2016年5月12日から24日まで東京・本多劇場で、5月27日から30日まで大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top