紅白で「あさが来た」特別編放送 キャスト一同がNHKホールへ

NHKは27日、大晦日に放送する「第66回NHK紅白歌合戦」で、連続テレビ小説「あさが来た」のスペシャルドラマを放送することを発表した。


「加野屋の大みそか」と題した特別編は、大晦日の加野屋におなじみの面々が集結し、2015年にそれぞれが最もお世話になった人へ、キッチリ年の瀬の挨拶をしようという物語。新次郎は?榮三郎は?亀助は?いったい誰に挨拶をするのか…。

ドラマ終盤では、あさは新次郎らとともにある人へ1年の感謝を申し上げねばと、加野屋を飛び出し、東京へ向かう。
一行はNHKホールの紅白のステージへ、一体誰に会いに来るのか?

主要キャストが勢ぞろいする紅白特別編。制作陣も「あさが来た」制作チームが務める。
ヒロイン・白岡あさ役の波瑠は「加野屋の家族のみんなでご挨拶ができて嬉しいかぎりです!年越し前の特別な夜を、どうぞお楽しみに!」と特別編放送決定を喜び、うめ役の友近は「今年お世話になった方々にそれぞれがご挨拶させてもらっています。この感謝の気持ち届くとよろしいのだすけど・・・」とコメントしている。

「第66回NHK紅白歌合戦」は12月31日(木)19時15分から23時45分、NHK総合・ラジオ第1にて放送。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top