「アニメ紅白」でAKB48がセーラ戦士に 「花は咲く」ではYOSHIKIがピアノ演奏

12月31日の大晦日に放送される「第66回紅白歌合戦」の特別企画の内容が新たに発表された。


まずは先日発表された、ちびまる子ちゃんが紅組司会を、ウィスパーが白組司会をつとめる特別企画「アニメ紅白」に出演する歌手が決定。
『機動戦士ガンダム』の「翔べ!ガンダム」を歌うのはTOKIO。『美少女戦士セーラームーン』の「ムーンライト伝説」は、AKB48がセーラー戦士になりきったコスプレで歌唱する。

紅白特別企画ならではの共演も見どころ。
『新世紀エヴァンゲリオン』の「残酷な天使のテーゼ」では、石川さゆりとmiwaがデュエットを披露し、郷ひろみとゴールデンボンバーは『ポケットモンスター』の「めざせポケモンマスター」を、人気キャラクター「ピカチュウ」らとともに賑やかに歌う。ゴールデンボンバーのコスプレにも注目。
さらに、『ちびまる子ちゃん』の「おどるポンポコリン」では、E-girlsと大原櫻子が初共演を果たす。

そして、『妖怪ウォッチ』の「ゲラゲラポーのうた」は、NHKホールに妖怪たちをひきつれ登場したキング・クリームソーダが、歌手たちとともに歌い、日本アニメの歴史にさん然と輝く名作『鉄腕アトム』の主題歌は、V6を中心に「アニメ紅白」出演者一体となって盛り上げる。

あわせて、紅白出場歌手たちによる東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」の企画が新たに発表された。
プレゼンターを嵐の櫻井翔がつとめ、コーナーゲストには、今回紅白のゲスト審査員をつとめる仙台市出身のフィギュアスケーター・羽生結弦選手を迎える。16歳の時に被災した羽生選手は、震災をいかに乗り越えフィギュアスケートと向き合ってきたのか。あれから5年を経た今、故郷へ寄せる思いを語る。
ピアノ演奏は先日、宮城県石巻市でワールドツアーのスタートを切ったX JAPANのYOSHIKIがつとめる。

「第66回紅白歌合戦」は「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」をテーマに、12月31日(木)19時15分から23時45分まで、NHK総合・NHKラジオ第1にて放送。
紅組司会を綾瀬はるか、白組司会をV6の井ノ原快彦が務め、総合司会はNHKの有働由美子アナウンサーと黒柳徹子が担当する。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top