乃木坂46、夢の舞台に「いつもとまったく違う空気感」<紅白リハ初日>

乃木坂46が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われた第66回NHK紅白歌合戦のリハーサルに登場した。


今年、念願の初出場を果たし、37人のメンバー全員で「君の名は希望」を歌唱する乃木坂46は、ステージ上でフォーメーションの確認などを入念に行った。

リハーサル後に行われた囲み取材で、生駒里奈は「いつもとまったく違う空気感と緊張感だった。本番がもっともっと楽しみになりました」と満面の笑み。この日が20歳の誕生日とあって、「すごいプレゼントをもらったなと思います。いつもよりもさらに特別な日になりました」と感無量の様子だった。

音楽番組の収録等でNHKホールのステージに立った経験はあるものの、「5倍くらい大きく感じた」と目を丸くするのは生田絵梨花。「人生で初めてこんなにフラッシュを浴びた」と報道陣の多さにも圧倒されたようだった。

同楽曲でフロントメンバー3人の一角を担う星野みなみは「久々のフロントで、(リリースから)2年後にこうやって披露することになるとは思ってなかった。成長した3人を見てもらえたら」と本番へ意欲。
西野七瀬は「おばあちゃんとおじいちゃんがすごい喜んでくれていたので、ファンの方はもちろん、おじいちゃんとおばあちゃんのことを思いながらパフォーマンスできたら」と意気込みを語った。

「第66回紅白歌合戦」は「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」をテーマに、12月31日(木)19時15分から23時45分まで、NHK総合・NHKラジオ第1にて放送。
紅組司会を綾瀬はるか、白組司会をV6の井ノ原快彦が務め、総合司会はNHKの有働由美子アナウンサーと黒柳徹子が担当する。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top