V6、井ノ原の白組司会に太鼓判 <紅白リハ初日>

V6が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われた第66回NHK紅白歌合戦のリハーサルに登場した。


紅白では出場歌手がリハーサル後に司会者と面談をおこなうのが通例。V6メンバーで今年の白組司会を務める井ノ原快彦との面談を終えた三宅健は「新鮮でした」と話し、長野博は「何を聞いたらいいのかと困ってました」と明かした。井ノ原の司会ぶりについて聞かれると「心配ないですね」と太鼓判。井ノ原が司会に立つことについて、メンバーそろって「誇りに思う」と話し、岡田准一は「イノッチ(井ノ原)のおかげで僕らもここに立てているという面もあるので感謝していますし、イノッチの力になれるように盛り上げていけたら」とチームワークを強調。また、森田剛は「誇らしいし、同じメンバーとして嬉しく思いますし、白組が勝つように6人力合わせて行きたいなと思います」と本番に向けた意気込みを語った。
今回は井ノ原を除く5人での囲み取材。坂本昌行は「(普段は)井ノ原が場を回してくれてるので変な間ができるんです」と報道陣の笑いを誘う場面もあった。

今年でデビュー20周年を迎えたV6。1年を振り返って三宅は「24時間テレビなどいろんな形で社会貢献をさせてもらった年であるし、20周年を皆さんに祝ってもらった年でもありました」と感慨深げ。坂本は今年印象に残ったことに触れ「11月1日のツアーファイナル。ファンやスタッフの皆さんにサプライズを頂いた最高の瞬間でした」と感無量の様子だった。

今年を漢字一文字で表すと?の質問に坂本は「言うの恥ずかしいんですけど…」と照れながらも「愛」と答え、「多くの人から愛をもらったり、コンサートをはじめ色々な現場が愛に包まれていたり」と充実感をにじませる。本番では『愛なんだ』が披露されることに触れ、「かけたわけじゃないですよ」と笑いを誘い、締めくくった。

「第66回紅白歌合戦」は「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」をテーマに、12月31日(木)19時15分から23時45分まで、NHK総合・NHKラジオ第1にて放送。
2年連続2回目の出場となるV6はテーマにかけ、『愛なんだ』をはじめとした「ザッツ!V&メドレー」を披露する。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top