映画+フルオケ生演奏「タイタニック in コンサート」が日本上陸

ジェームズ・キャメロン監督がレオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレットを主演に迎え映画化した『タイタニック』が、大スクリーン&フル・オーケストラによる「タイタニック in コンサート」となって今春、日本に上陸。大阪、東京で公演の開催が決定した。


映画史に刻まれた珠玉の名画を大スクリーンで上映し、フル・オーケストラの演奏と共に楽しむ“シネマ・コンサート”は、ヨーロッパやアメリカで流行し始めた新しいエンターテイメント。上演中でも拍手や喝采、歓声が飛び交い、さながらライブ・コンサートのような盛り上がりをみせている。

タイタニック in コンサート

タイタニック in コンサート

「タイタニック in コンサート」は、映画『タイタニック』のセリフや効果音をそのままに、劇伴音楽のみをフル・オーケストラが生演奏し上映するイベント。
2015年4月27日にロンドンのロイヤル・アルバートホールにて、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とともにプレミア上演され、ジェームズ・キャメロン監督や、音楽を担当した故・ジェームズ・ホーナーらも出席。ロンドンっ子を熱狂と感動の渦に包み込み、以降、ヨーロッパ9カ国12都市で開催され、15万人超を動員している。

4月に開催される日本公演ではオーケストラを名門、東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)、関西フィルハーモニー管弦楽団(大阪公演)が担い、指揮はシネマコンサートの指揮経験も豊富で東京フィルと共演実績もあるニール・トムソンが務める。

また、映画の中でも印象的なケルティック音楽は、映画のサントラにも参加したアイルランドの伝統楽器奏者のエリック・リグラーやアイリッシュバンドが演奏。
セリーヌ・ディオンが歌い全世界で大ヒットした主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は、海外公演で歌っている女性シンガーが参加し、その美しい声を広い会場に響き渡らせる。

東京公演が行われる4月10日は、今から104年前の同日、タイタニック号が英サウサンプトン港をニューヨークに向けて出航したメモリアル・デー。
本公演のチケットは、一般発売に先駆け本日1月3日より先行抽選の受付がスタートする。詳細は公演オフィシャルサイトにて。

■タイタニック in コンサート/TITANIC LIVE 2016公演概要

※大阪公演(2日公演)
日時:2016年4月5日(火)&6日(水)開場17:30/開演18:30
会場:大阪・フェスティバルホール
チケット価格(税込):S席 ¥9,800/A席:¥8,800 ※未就学児入場不可
チケット発売日:1月31日(日)〜※先行抽選受付あり。詳細は公式サイトにて

※東京公演
日時:2016年4月10日(日) 開場14:00/開演 15:00
会場:東京国際フォーラム ホールA
チケット価格(税込):S席 ¥9,800/A席:¥7,800 ※未就学児入場不可
チケット発売日:1月23日(土)〜※先行抽選受付あり。詳細は公式サイトにて

上映作品:タイタニック(1997/監督:ジェームズ・キャメロン/日本語字幕付き)
音楽:ジェームズ・ホーナー
指揮:ニール・トムソン
演奏:関西フィルハーモニー管弦楽団(大阪公演)/東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)
アイリッシュバンド/エリック・リグラー(イリアン・パイプス&ティン・ホイッスル)/コーラス隊

■タイタニック in コンサートHP
http://www.promax.co.jp/titaniclive/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top