乃木坂46・高山一実が初の短編小説を執筆 挿絵は深川麻衣が担当

乃木坂46の高山一実が初の短編小説「キャリーオーバー」を執筆。本日1月5日に雑誌『ダ・ヴィンチ』オフィシャルサイトにて公開された。



短編小説を書き上げた高山一実

処女小説を書き上げた高山一実

乃木坂46メンバーの中でも読書家として知られる高山は、本の情報誌である『ダ・ヴィンチ』で「乃木坂活字部!」という連載を担当。本の楽しさと奥深さを伝えながら若者の活字離れを防ぐために活動している。

今回の作品は「乃木坂活字部!」の活動の一環として2015年11月に行われたイベント「発想力鍛錬ワークショップ2015」にて高山が執筆したもの。小説家・星新一の孫弟子にあたり注目を集める気鋭のショートショート作家・田丸雅智のワークショップに参加した高山は、このイベント内では作品を書ききれず、数日間かけて完成させた。

「僕は幼い頃、いじめに遭っていた」の一文から始まる、人格がありおしゃべりもする宝くじとの物語。原稿用紙9枚、3000字弱の短編は、バラエティ番組にも多く出演する高山の新たな一面が垣間見える作品となっている。

また今回、文中の挿絵をメンバーの深川麻衣が担当し、物語の世界をイラストで表現している。
なお、1月6日発売の雑誌『ダ・ヴィンチ』2月号には高山が参加した「発想力鍛錬ワークショップ2015」の様子が掲載されている。

■高山一実「キャリーオーバー」
http://ddnavi.com/news/279395/a



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top