乃木坂46生駒里奈、初詣のおみくじは「大吉」 初出場の紅白と正月の過ごし方を語る

乃木坂46の生駒里奈が7日、初主演映画『コープスパーティー』のブルーレイ/DVD発売イベントに出席。イベント前に報道陣の取材に応じ、新年の抱負などを語った。



「今年は去年やったことをまたいっぱいできるようにしたい。個人も乃木坂46の活動も下り坂は絶対なしにして、もっともっと勢いをつけていきたい」と抱負を語った生駒。
生駒里奈(乃木坂46)

生駒里奈(乃木坂46)

昨年末に初出場を果たしたNHK紅白歌合戦を振り返って、「すごい楽しかったです。お父さんもお母さんも親戚も友達もみんな観てくれていて、あらためて紅白歌合戦っていうのをすごい場所なんだなって感じることができました」と達成感をにじませ、「1回で終わらずに皆さんがまた見たいって思ってもらえるようなグループになりたい」と連続出場に期待を込めた。
昨年5月まで兼任していたAKB48のステージは「モニターで見てた」といい、「ああやって紅白歌合戦でサプライズが出来るくらい大きなグループに兼任していたんだなって思いました。そこで学んだことも活かしつつ、今年は乃木坂46というグループの力でいろんなことに挑戦していかなきゃいけないので、もっともっと頑張りたい」と決意を新たにしていた。

正月は秋田の実家に帰省し、「毎日寝てました。『ガキ使』の再放送を見たり、録画してた番組を見てました」と寝正月だったことを照れながら告白。初詣は「東京に帰って来てから」行ったそうで、「おみくじ引いたら大吉でした。ざっくりいうと『礼儀正しく一生懸命頑張りなさい』って書いてありました」と縁起の良い新年のスタートに顔をほころばせた。

昨年末に20歳の誕生日を迎えた生駒。「お年玉はもらってないです。逆に弟に結構あげました」とお姉さんぶりを明かし、「大人になったので、自分から積極的に親孝行していきたい」と家族想いな一面ものぞかせていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top