乃木坂46、新成人メンバーが成人式 艶やか晴れ着披露 

乃木坂46の新成人メンバー3人が8日、東京・乃木神社で成人式を行った。今年度、成人を迎えたのは生駒里奈、伊藤万理華、川村真洋の3人。艶やかな振り袖姿で鳥居をくぐると、詰めかけた大勢の報道陣の前を通って本殿へ。祈祷を行った後に再び報道陣の前に姿を見せ、新成人の抱負を語った。


「こんなに人がいると思ってなかったので、なんかちょっと恥ずかしかった」と照れ笑いを浮かべる生駒は、「神様に20歳の報告ができたので、やっと大人になった感じがしました」と晴れやかな表情。成人として挑戦したいことを聞かれると、「プライベートでは居酒屋に行きたい。焼き鳥とビールが飲みたいです」といい、「バナナマンさんにおごってほしいです!」とニヤリ。
仕事面では「深夜の生放送とか、お姉さん(メンバー)たちがやってたような、競馬の番組とかにも出てみたいっていうのがあります」と意欲。20歳になり馬券の購入もできるようになるが、「ギャンブルはしないです。貯金したいです」と堅実な性格を伺わせた。
絵馬にはグループがライブ前などに円陣を組む際の掛け声でもある「努力 感謝 笑顔」と記入。「この言葉ってあらためてすごくいい言葉だと思う。この言葉を大事に歩んでいきたい」と決意を語った。

「健康 自立 放出」と絵馬に書いた伊藤は「去年は沢山の方にお会いして、すごい吸収できた年だったので、その学んだことを放出できたら」と意気込み。川村は「成人したメンバーから『20歳になったらすぐ体が疲れるよ』って言われていたので、10代の若さを忘れないように健康を保って元気に頑張っていきたい」と20歳の抱負を語った。
乃木坂46の新成人メンバーは毎年、乃木神社での成人式が恒例。川村は「乃木坂に入ってから毎年来てて、ライブ前に1人でライブの成功をお祈りしに来たりしてた。ファンの方がたくさん絵馬を書いてくださってて、それが嬉しくて、乃木神社の大切さがわかった」と同所への特別な思い入れも明かした。

昨年末には念願のNHK紅白歌合戦初出場を果たした乃木坂46。伊藤は「紅白出場っていうのが去年の全員の課題で、その課題を達成できた。今年に入ってもずっと出続けるのがグループとして大事。それだけを目標にするのではなくて、個人としてももっと活躍して、全員が集まった時に『すごいアイドルグループなんだ』って思われるのが理想」と語る。
川村も「紅白に初めて出られて、これでスタートラインに立てたという気持ち。紅白出てこの1年どれだけまた成長していけるか。今年は乃木坂にとって勝負の年になるんじゃないかと思っています」と、さらなる飛躍を誓った。

また、昨日7日にはメンバーの深川麻衣がグループからの卒業を発表したが、生駒は本人からメンバーに向けて報告があったことを明かし、「最年長ということで、乃木坂をやさしく包み込んで引っ張ってくれた人。すぐに卒業ではなくて次のシングルも一緒に作ることができるので、残りの時間全力で甘えてやろうと思います」と語った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top