RIP SLYME、映画「珍遊記」に新曲2曲書き下ろし

松山ケンイチを主演に迎え実写映画化されることが決定した映画『珍遊記』の主題歌をヒップホップユニットのRIP SLYMEが担当することがわかった。


今回、RYO-Z、ILMARI、PES、SUの4MCとDJ FUMIYAの1DJからなる人気ヒップホップユニットのRIP SLYMEに、“原作の世界観とも合致し、映画ならではの世界観を創造できるアーティスト”として製作側がオファー。
RIP SLYMEは本作の主題歌となるオープニング曲「Take It Easy」に加えて、エンディング曲「Drop!」の2曲を書き下ろした。

ⓒ漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

ⓒ漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

RIP SLYMEのPESは「原作の世代なのでクソ光栄に思っております。私達の様なクソ野郎共のクソいかれた曲ではありますが、何とか映画の世界観に混ざれたら良いなとクッソ思っております。新しい珍遊記をクソ楽しみましょう!!」とコメントを寄せている。

なお、主題歌「Take It Easy」は3月2日(水)に23枚目のシングルとして発売されることが決定。カップリングにエンディング曲「Drop!」も収録される。

映画『珍遊記』は、1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」の実写化。主人公・太郎を演じる松山ケンイチのほか、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、温水洋一ら多彩なキャストが顔を揃える。
2月27日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top