菅田将暉、役者同士の魂のぶつかり合いに「気持ちよかった」

『ピンクとグレー』初日舞台挨拶

9日、映画『ピンクとグレー』が公開初日を迎え、キャスト陣と行定勲監督が都内で舞台挨拶を行った。



本作はNEWS・加藤シゲアキの小説デビュー作を『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が映画化。この日の舞台挨拶には主演を務めたアイドルグループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔をはじめ、本作に出演する菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、柳楽優弥、小林涼子、そして行定監督が登壇した。

「無事この日を迎えられて本当に良かった」と感慨深げな中島は、「ちょうど撮影が昨年の今頃だったので、まだかまだか」と初日を待ちわびていたようで、「これだけの役者陣も揃ってますし、なんといっても監督が行定さん。僕は映画初出演、初主演ということで、周りの方にこれだけのいい環境を作っていただけて幸せ者だなと噛みしめてます」と、ようやく迎えた主演作公開の喜びを語った。

菅田将暉

菅田将暉

「幕開けから62分後に世界が変わる」という本作のポイントにちなみ、「この映画に出演したことがきっかけで変わったこと」を聞かれた菅田将暉は「この映画で一番気持ち良かったのが、後半の裕翔に殴られるシーン。僕は笑顔で鼻血垂らしながら殴られる。あれがすごい気持ち良かった」と回顧。勢い余って中島の拳が菅田の顔面をかすってしまったというエピソードを披露し、「この中島裕翔がテンション上がりすぎて、俺の顔に(拳が)入って、ちょっと記憶が飛ぶような瞬間があった」と役者同士の気持ちのぶつかり合いに興奮したという。「その感覚が今までなかったので、お芝居していく上でひとつ超えたもののような気がします」と作品での手応えを語る。

一方、中島は「ここの急激な距離の縮まり方ですかね」と菅田との関係性に言及。「最初は同世代でこんなにすごい役者さんがいるんだって気負いしそうだったんですけど、これだけ仲良くさせていただけて、ある意味僕の中では世界が変わりました」と語った。

そんな若手キャスト陣に行定監督は「久々に青春映画を撮ってみて、若い俳優たちとやるのも悪くねえなと思わせてくれたキャスト。それぞれがはまり役で、胸を張ってみんなに観てもらえる映画になった」と完成した作品への自信を見せながら、彼らの熱演を称えていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top