ゴールデン・グローブ賞主要3部門4ノミネート「マネー・ショート」日本公開日決定

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の日本公開日が3月4日に決定した。


本作は、世界経済を襲ったリーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人の男たちの実話を映画化。
クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、そしてブラッド・ピットといった人気・実力ともに兼ね備えたハリウッドを代表する豪華キャストがウォール街の巨大金融機関を敵に回す4人の型破りな金融マンを演じ、痛快なエンターテインメントに仕上げている。

監督はアダム・マッケイ。ブラッド・ピットは映画『マネーボール』に続いてプロデューサーも務めている。

先日発表された第73回ゴールデン・グローブ賞では、脚本賞、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞はリスチャン・ベールとスティーブ・カレルがまさかのWノミネートと、主要3部門4ノミネート。明日1月11日に発表される、受賞結果にも期待がかかっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top