広瀬すず&土屋太鳳&松井愛莉がバレンタインの公約を発表

女優の広瀬すず土屋太鳳、松井愛莉の3人が出演する「ガーナミルクチョコレート」の新CM「バレンタイン2016」篇が1月20日(水)より全国でオンエアされる。


昨年の「バレンタイン2015」篇に続いての出演となる3人。今回のCMでは、ガーナミルクチョコレートのひとかけらに、好きな人への想いを込めながら、手づくりバレンタインに挑戦する。
松井はじっくり想いを込めた「好、き♡」、広瀬ははじける笑顔で「好き♪」。一方、土屋は少し意地悪な「嫌い!」の後で「・・・なわけなーい!大好きー!」。「いたずらな表情で」「あたかも好きって言っているような柔らかい感じで」「スパッと強めの」といった要求に応え、数パターンの「嫌い」を次々と演じ分けていった。「嫌い」と言った後に、少し意地悪にニコッと笑う土屋の演技に注目だ。
また撮影中には、広瀬が絞り袋からうまくチョコレートが出せずに苦戦していると、朝ドラ「まれ」でパティシエ役を演じた土屋が慣れた手つきで器具の持ち方を優しく教える姿も見られ、現場はまさに、恋する女の子が友達同士で手づくりバレンタインを楽しんでいる様子そのものだった。

撮影後、「去年と同様、3人で一緒にできたのがすごく嬉しくて、今年も楽しかったです!わいわいしながら楽しみました」(松井)、「“手づくり”って幸せな気持ちになるなと改めて実感しました」(土屋)と、感想を語った3人は、昨年のバレンタインの思い出を振り返りつつ、今年のバレンタインの公約を発表。
昨年、ドラマのキャストやスタッフ数十人にブラウニーを振る舞ったという広瀬は、「(去年は)デコレーションを全くせずに渡しちゃったので、今年は1つ1つ丁寧にデコレーションをして、届けられたらいいなと思います!」と宣言。
毎年、味見をしないで渡しているという松井は「今年はちゃんと味見をして、自分がおいしいと思ったものを渡します!」と誓いをたて、土屋は「今年は、ホールケーキを作って、それをそのまま現場に持って行って、その場でデコレーションをして切り分けて渡します!・・・って言ってるんですけど、現場が忙しかったらできないので、できることを心で念じておきます(笑)」と笑顔を見せていた。

■CMカット

■メイキング








この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top