NMB48の舞台挨拶にHKT48が飛び入り参加

完成披露上映会で舞台挨拶を行ったNMB48とHKT48

NMB48初のドキュメンタリー映画『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of NMB48』の完成披露上映会が15日、都内で行われ、NMB48メンバーによる舞台挨拶中にHKT48のメンバーが飛び入り参加した。


この日は『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of NMB48』と同日公開されるHKT48初のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of HK􏰀48』の完成披露上映会も同会場で時間をずらして予定されていたため、会場に来ていたHKT48の指原莉乃、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子がサプライズで登壇。

指原が「私たちの舞台挨拶もこの後あるんですけど、NMBがいまやってるってことで、相乗効果でお互い良くなればいいなと思って遊びに来ちゃいました」と挨拶すると、山本は「ビックリしました。さっきLINEしてくださったんですけど、全然そういう感じじゃなかった」と驚きを露わにした。
すでにNMB48の作品を観たという指原は「ここまでいっちゃっていいの?みたいな、衝撃的なシーンもあったりして、さすがNMBだなと思いました」と感想を述べ、自身が監督したHKT48のドキュメンタリー映画と比較して「全然違う作品になってる。ジャンルも違うし、涙の意味も違うので、どちらも面白いと思う」と、両作品をアピールした。

『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』は“女性アイドル不毛の地”と呼ばれた大阪で成功を収めたアイドルグループ・NMB48初のドキュメンタリー映画。舞台挨拶には、山本彩、渡辺美優紀、白間美瑠、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、太田夢莉のメンバー7人と舩橋淳監督が登壇した。
渡辺美優紀は印象に残っているシーンに矢倉楓子の涙のシーンをあげ、注目してほしいシーンについては「『ドリアン少年』のPV撮影のリハーサルで私1人だけなぜかサングラスしてたところ。もう1度観て探してください」と話して会場の笑いを誘った。

NMB48チームNのキャプテンを務める山本彩は「NMB48というグループは応援してくださっている皆さんに楽しんでもらうこと、そして笑顔になってもらうことをモットーに日々活動しているんですけど、今回の映画ではそういう部分だけではなくて、普段は見せないような涙だったり葛藤が詰まっていると思います」と作品を紹介。「そういう泥臭い部分、人間らしい部分も見せていきながら、生き様を見せることで、応援してくださっている皆様だったり、まだ私たちのことを知らなかった方の心に響くようなものになっていると思う」と作品への想いを語った。

『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of NMB48』および『尾崎支配人が泣いた夜 DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of HK􏰀48』は1月29日(金)同日公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags ,

関連記事


Top