HKT48宮脇咲良、指原監督のドキュメンタリー映画公開前に不安隠せず「今からでも…」

HKT48が15日、都内で行われたNMB48のドキュメンタリー映画『道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of NMB48』の舞台挨拶に飛び入り参加。今月29日に同日公開となる『尾崎支配人が泣いた夜 DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of HK􏰀48』をPRした。


この日は同じ劇場で両作品の完成披露上映会が行われ、NMB48メンバー登壇の舞台挨拶中にHKT48の指原莉乃、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子がサプライズで登壇した。

宮脇咲良(HKT48/AKB48)『尾崎支配人が泣いた夜 DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of HK􏰀48』で監督を務めた指原は「初監督作品ということで一生懸命編集したのでぜひ見てもらいたい。そちらもよろしくお願いします」と会場のNMB48ファンにアピール。
「バラエティとかでもそうですけど、自分が見せたくない姿を見せるのが人は面白い。メンバーにとっては『あのシーン嫌だな』ってシーンが…」と話していると、宮脇咲良から「めっちゃありますよ!」と憤慨され、「やっぱり?そうでしょ?そこが見どころです」と、したり顔。宮脇は「今からでも間に合わないかなって思う」と不安を露わにしていた。

『尾崎支配人が泣いた夜 DOCU􏰄MEN􏰀TAR􏰅Y of HK􏰀48』はメンバーである指原莉乃自ら監督を務め、メンバーはもちろん運営スタッフにまで深く切り込んだHKT48初のドキュメンタリー映画。1月29日公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags ,

関連記事


Top