欅坂46が2016年初イベント 「新春!おもてなし会」で特技披露

「新春!おもてなし会」を開催した欅坂46

乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾として昨年8月に結成された欅坂46が1月16日(土)、17日(日)の2日間に渡り、東京・Zeppブルーシアター六本木で2016年初イベントとなる「新春!おもてなし会」を開催した。


今回のイベントではメンバー21名が放送部、美術部、音楽部、演劇部、ダンス部、書道部のいずれかのグループに属し、グループごとでのパフォーマンスを披露。イベントの総合MCは放送部として上村莉菜、尾関梨香が担当し、慣れない司会進行を初々しく務めあげた。

最初に美術部の小池美波、佐藤詩織が登場し、ステージ上に設置された大きな白いキャンバスを使ってライブペインティングをスタート。2人が絵を描いていく間、ステージでは次々と他のメンバーたちのパフォーマンスが繰り広げられていく。
音楽部では上村莉菜、小林由依、菅井友香、長沢菜々香、渡辺梨加がピアノの連弾×アルトサックス、ピアノの連弾×バイオリンとそれぞれ得意の楽器を演奏。音楽部の最後には今泉佑唯、小林由依がツインギターでの弾き語りを披露した。

続く演劇部では織田奈那、志田愛佳、原田葵、守屋茜、米谷奈々未、渡邉理佐に加え、ひらがなけやきの長濱ねるが登場し、「告白」をテーマとした演技に挑戦。客席からは男役を担当するメンバーの新鮮な姿に歓声が上がった。
ダンス部では石森虹花、齋藤冬優花、鈴本美愉、土生瑞穂、平手友梨奈が激しいオリジナルのダンスを披露。曲間には乃木坂46「命は美しい」の振りも入り、思わぬ展開に客席も大盛り上がり。

ダンス部のパフォーマンスが終わる頃には見事に美術部の絵が描きあがり、最後に、書道部の尾関梨香がその書きあがったばかりの絵に得意の書道で一筆書き加えて作品が完成。
美術部の小池と佐藤は2日間3公演を通じて3枚の絵を制作し、尾関はそれぞれ“謙虚”“優しさ”“絆”と、欅坂46のバックテージでの掛け声を大胆に書きつづった。

公演終了後、総合MCを担当した2人は「最初に司会をするってなったとき、すごく嬉しかったんですが、台本を読み合わせたり、リハーサルをすると全然うまくいかなくて、2人でぶつかっちゃったこともあったんだけど、最後に公演で納得できる司会をできました。すごくいい経験になりました」(上村)、「最初、司会をすることにうまくできるかすごく不安を感じてました。本番前までメンバーにインタビューしたり、2人で電話で相談しながらすすめました。1回目、2回目とうまくいかなく公演後二人で反省しながら最終公演では、来てくれた人達もよろこんでもらってたのでよかったです」(尾関)と、苦労をにじませつつも、安堵の表情を浮かべた。

欅坂46は今後、1月30日(土)に国立代々木第一体育館で開催される「LIVE EXPO TOKYO 2016 ALL LIVE NIPPON Vol.4」への出演が決まっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top