清水翔太の新曲MVにミリヤ・AAA與・テルマらアーティスト仲間が友情出演

清水翔太と與真司郎(AAA)

清水翔太が2月17日にリリースする新曲「Damage」のミュージックビデオに親交ある7人のアーティストが友情出演していることがわかった。



清水は昨年リリースした「花束のかわりにメロディーを」の流れを受け継ぐ切ないミッドバラード「Damage」のMVを25日に公開。
ミリショーとしての活動も記憶に新しい盟友・加藤ミリヤを筆頭に、「ONE LOVE」で共演した童子-T、プライベートでも仲のいいAAAの與真司郎、青山テルマ、BLADe、VJやクラブイベントや音楽フェスティバルのDJ/MCとしても活躍しているBoo、レーベルの後輩・當山みれい、と彼と交流のある7人のアーティストが友情出演していることが明らかとなった。

MVは清水翔太のリップシンクの中にそれぞれのアーティストのイメージのポートレートが映し出され、サビとブリッジにはリップシンクのパフォーマンスが差しこまれる構成となっており、アーティストそれぞれの個性が出た印象的な作品に仕上がっている。
撮影ではBooが楽曲に入り込むあまり、感動して涙を流してしまう一幕も。撮影を止めてやり直そうとしたが、その感極まった感じが良く、撮影は続行。その場面はそのままMVに使われている。

さらに、今作には清水翔太の愛犬“エマ”も出演。エマを撮影する際には、「“お座り”はしつけてあるので大丈夫」という飼い主・清水翔太の言葉とは裏腹に、いつもと違う環境に困惑したのか、全く“お座り”をしないというハプニング。結局、抱きかかえられての撮影となった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top