倉科カナが真顔で下ネタ 松山ケンイチ主演「珍遊記」予告編公開

漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画を実写化する映画『珍遊記』の予告編が公開された。


本作は1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した人気ギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」を、主演に松山ケンイチを迎えて実写映画化。
「珍遊記」本ビジュアル ⓒ漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

「珍遊記」本ビジュアル ⓒ漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘は、偶然立ち寄った家のじじいとばばあに頼まれ天下の不良少年・山田太郎を更生させるべく引き取ることに。共に旅をすることとなった2人が行く先々で様々な騒動を巻き起こすというストーリー。

公開された予告編は、松山ケンイチ演じる主人公・山田太郎と共に天竺を目指すことになる坊主・玄奘(倉科カナ)が、太郎と出会う前に偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に相談を持ち掛けられ、真顔で「ちんこ」について会話を繰り広げる、映画のファーストシーンから始まる。

そしてRIP SLYMEによる書き下ろしのエンディング曲「Drop!」にのせて、太郎、太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)、世界最強の武闘家・中村泰造(温水洋一)、変身前の山田太郎(ピエール瀧)、こづれ紳士(板尾創路)、ザコ(矢部太郎)、アキバ(今野浩喜)、張明(おおかわら)、たけし(アイアム野田)といった豪華キャストが演じる個性的なキャラクターが次々登場。
途中には声優の千葉繁による「こんな超頭悪そうな内容を、こんな超オールスターキャストで映画化するのは『珍遊記』だけ!」というハイテンションなナレーションも加わり、衝撃のアクションシーンの数々を始め、荒唐無稽過ぎて目が離せない本作の独特な世界観が凝縮された映像となっている。

映画『珍遊記』は2月27日より全国で公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top