二階堂ふみ、高校時代から念願の金魚の赤子役に感慨

『蜜のあわれ』試写イベントに登場した二階堂ふみと大杉漣

女優の二階堂ふみが27日、主演映画『蜜のあわれ』の試写イベントに共演の大杉漣、⽯井岳⿓監督とともに出席した。


映画は徳田秋聲、泉鏡花と並び、金沢三文豪の一人である室生犀星の小説「蜜のあはれ」が原作。老作家の妄想から生まれた金魚の少女が、自分のことを”あたい”と呼び、老作家のことを”おじさま”と呼んで甘えてみせる可愛らしい恋の物語。

金魚を思わせる真っ赤なワンピースで登壇した二階堂は、「高校生の時に読んでからずっと自分がやりたいって思って、いろんな方に『こういうのやりたいんです』って話したりしていた」と、金魚から人間の姿に変貌する少女・赤子役をかねてより熱望していたことを告白。「言い続けていたらちゃんと出会う時があるんだなって感じました」と感慨深げだった。
また、「4年前に撮影で金沢に行った時にも室生犀星記念館を訪れた」というほど原作のファンであることを明かし、「会話文のやりとりがすごく可愛くて、あの時代の文学作品の深みに惹かれました」と、その魅力を語った。

その会話劇を実際に演じてみて、「口から出すのがすごく気持ちいい台詞」ばかりだったという二階堂。「人間じゃない役ということもあって、頭で言葉を考えるというよりは、体からそのまま外に出していくっていうやり方をしていた。言葉を発すること自体が楽しかった」と撮影を振り返った。

そんな二階堂演じる赤子のコケティッシュな魅力に翻弄される老作家を演じた大杉漣は「振り回されっぱなしでした。金魚でしたね。金魚に見えるんですよ」と二階堂の演技を絶賛。石井監督も「赤子になりきっていて、本番前のテストから役が憑依している感じ。とても素敵でした。自分が一番特等席で2人の芝居を見るんですけど、酔わされましたね」と語った。

映画『蜜のあわれ』は4月1日公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top