橋本環奈、北海道へ ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に参加

橋本環奈(『セーラー服と機関銃‐卒業‐』より)

2月25日より北海道夕張市で開幕する「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」に映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』で主演を務める橋本環奈が参加することがわかった。


「ゆうばり国際映画祭2016」キービジュアル

「ゆうばり国際映画祭2016」キービジュアル

今年で26回を数える同映画祭は、SF、ホラー、ファンタジー、アドベンチャー、アクション、サスペンス等、イマジネーションとエンタテインメント性豊かなファンタスティック映画を対象とした映画祭。今回、橋本が弱小ヤクザ「目高組」の組長・星泉役を演じることで話題を呼んでいる『セーラー服と機関銃 -卒業-』は、同映画祭の特別招待作品として上映される。
作品ゲストとして登壇が決定した橋本は「初めて、ゆうばり映画祭に参加させていただきます。四代目組長・星泉として全力で取り組みました私の初主演映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』で、多くの皆様に出会えることを、今から楽しみにしております」と映画祭への期待を語っている。

また同映画祭の作品ゲストとして、橋本のほか、フォアキャスト部門にラインナップされた『アルビノの木』に出演する俳優の長谷川初範、『ドクムシ』に出演の秋山真太郎(劇団EXILE)の参加も決定した。
3年ぶりのゆうばり映画祭参加となる長谷川は「今回の出演作品『アルビの木』は 3年前のゆうばり映画祭で金子監督と出会い実現いたしました。是非多くの皆様に観ていただきたい作品です。会場でお待ちしています!」と、制作のきっかけとなった場所での上映に喜びひとしおといった様子。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016は2016年2月25日から2月29日まで。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top