オリコンが表彰する“質の高いドラマ”に「下町ロケット」 主演女優賞は忘却探偵演じた新垣結衣に

オリコンが主な国内ドラマを対象に有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』。28日、2015年10月期の地上波ドラマとWOWOWの計28作品を対象とした第2回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』の各賞が発表された。


審査は「オリコンモニターリサーチ」の登録者を対象とした視聴者満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果をもとに、ドラマに関連する有識者およびマスコミのドラマ・テレビ担当者(審査員)による意見交換・投票を行い、今年1月上旬に開催された審査会によって全7部門が決定。
作品賞には池井戸潤の同名小説を、阿部寛をはじめとした個性的かつ実力派ぞろいの出演陣でドラマ化した「下町ロケット」が輝いた。

作品賞「下町ロケット」伊與田プロデューサー

作品賞「下町ロケット」伊與田プロデューサー

軒並み高視聴率を獲得するなど、世間からも大きな支持を集め、有識者、視聴者双方から支持された「下町ロケット」は、その勧善懲悪なストーリー展開や話題性、キャスティングの意外性などに高い評価が集まった。
同作の伊與田英徳プロデューサーは「技術者が主人公という、ドラマとしては少し難しいテーマでしたが、多くの視聴者の方に楽しんでいただけたことがとても光栄です」と受賞の喜びを語り、「もしもチャンスがあるのならば、是非続編にもチャレンジしたいですね」と続編の制作にも意欲を示した。

作品賞にはほかに、出産というテーマを丁寧に描いた「コウノドリ」や、人気シリーズ初のドラマ化となった「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」、西尾維新のミステリー小説を実写化した「掟上今日子の備忘録」などが推薦作品に挙がった。

主演女優賞を射止めたのは「掟上今日子の備忘録」で主人公・掟上今日子を演じた新垣結衣
白髪とメガネがトレードマークで、眠る度に記憶がリセットされる美女探偵というユニークなキャラクターを見事に演じきった新垣には、審査員から「キュートでキラキラしていて魅力的。まっすぐに演じた素直さが好みだった」などの意見が集まった。
今回の受賞に新垣は「今日子さんはルックスも体質もセリフの質もとても特殊なので、一見非現実的なこのキャラクターを、見てくださる方にどのように感じてもらえるのか、初めは少し不安もありましたが、スタジオセットや音楽の世界観、演出、その世界の住人達(キャスト)のおかげで演じる私自身も違和感なくそこに存在する事ができました」と周囲の環境に感謝。「熱意、愛情、笑顔をとても感じられる現場で、その中で4ヵ月を過ごせたことに感謝しています」とコメントを寄せている。

主演男優賞は「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」で主人公となる“新入社員時代のハマちゃん”を演じた濱田岳が受賞した。
映画シリーズでの“ハマちゃん”役から一転、今回は“スーさん”役となった西田敏行との共演が注目を集めたが、濱田は「そうそうたる共演者を相手に、堂々としたを見せてくれた」と高い支持を獲得。同賞の記念トロフィーを受け取った濱田は「このトロフィーを人数分に切り分けて、キーホルダーかなんかにして、釣りバカのみんなに、みんなでもらった賞だよと、お礼に配りたいです(笑)」と喜びを噛み締めた。

そのほか、審査員投票のみで決定される助演部門では、ともにダークな役柄での“怪演”ぶりが光った、滝藤賢一と菜々緒がそれぞれ受賞。また新人賞は、今後のさらなる飛躍が期待される浜辺美波が受賞した。

第2回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」

◆作品賞:「下町ロケット」(TBS系)
◆主演男優賞:濱田岳(TX系「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」)
◆主演女優賞:新垣結衣(NTV系「掟上今日子の備忘録」)
◆助演男優賞:滝藤賢一(NHK総合「破裂」)
◆助演女優賞:菜々緒(KTV・CX系「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」)
◆脚本賞:石井裕也氏・登米裕一氏 (TBS系「おかしの家」)
◆新人賞:浜辺美波(CX系「無痛~診える眼~」)

■『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』:http://confidence-award.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top