HKT48メンバーが指原莉乃の監督ぶりを語る 「尾崎支配人が泣いた夜」初日舞台挨拶

HKT48とNMB48

HKT48のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』が29日に公開初日を迎え、同日、都内の劇場でHKT48メンバーが舞台挨拶に立った。


本作はHKT48のメンバーで劇場支配人も兼ねる指原莉乃が初の映画監督に挑戦し、メンバーはもちろん運営スタッフにまで深く切り込んだ同グループ初となるドキュメンタリー映画。舞台挨拶には指原監督をはじめ上野遥、兒玉遥、坂口理子、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、 矢吹奈子の9人が登壇した。

「キャントクの指原莉乃で〜す」とゆるい挨拶から話しはじめた指原は、初監督作の公開に「夢のよう。ずっと家で作業していたあの映像がこうやって大きなスクリーンにのって全国に届くんだとビックリしています」と感慨深げ。
「自分の中で内容をかためて、秋元さんにプレゼンしに行ったら『全部ダメだ』とダメ出しされて、1からになってしまった時は本当に嫌で、辞めようかと思った」と苦悩を明かすが、「『マイケル・ムーア監督の作品を見ろ』と言われて見て、やっとわかった。最初に考えたままのやつだったら全然面白くなかったので、ダメ出ししてもらってよかった」と秋元康氏への感謝の思いを打ち明けた。

そんな指原の監督ぶりについて、兒玉は「私は気持ちを表に出すのが上手ではないけど、今回は指原監督ということで、辛い時期も一緒に乗り越えた仲間だったので話しやすかった」とインタビューを振り返る。
一方、2期生の朝長は「指原さんと2人で真剣な話をしたことがあまりなかったので、正直怖くて、怯えていました」と指原とのインタビューに戦々恐々としていたことを告白。「でも指原さんお話し上手だし、今まで話したことない本音を自然と出しちゃいました」と回顧。同じく2期生の田島も「聞き出すのがうまいですよね」と舌を巻いていた。

当の指原は「インタビューをしていても(メンバーの)個性が出る」といい、リラックスしてもらうために食事をしながら実施したインタビューで、「はるっぴ(兒玉)は2時間ほぼ食べなかったんですけど、(宮脇)咲良は箸が止まらなかった」と明かして会場の笑いを誘っていた。

舞台挨拶の途中には、今月15日に行われたNMB48のドキュメンタリー映画『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』の完成披露舞台挨拶に指原らHKT48メンバーが飛び入り参加したことを受けて、この日は山本彩らNMB48のメンバー8人がサプライズ登場。両作品の初日ヒットを記念してくす玉開きを行った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top