AKB48横山由依、初恋相手に「ドキっとしました」

『9つの窓』舞台挨拶

AKB48グループのメンバー9人が出演するオムニバス映画『9つの窓』の先行上映が本日30日より横浜・ブリリア ショートショート シアターにてスタート。同日、本作に出演するメンバー8人が同所にて舞台挨拶を行った。



『9つの窓』は国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアとAKB48グループがコラボし製作された1作10分×9作品のショートフィルムによるオムニバス映画。1作品につきAKB48グループから1名が出演する。
舞台挨拶には宮澤佐江、北原里英、横山由依、入山杏奈、木﨑ゆりあ、茂木忍、中西智代梨、江籠裕奈の8人に加え、『漁船の光』に出演した大野拓朗、『回想電車』に出演した小池亮介、そして主題歌を担当したThinking Dogsが登壇した。

初恋相手役との再会に照れる横山

初恋相手役との再会に照れる横山

横山は『漁船の光』で運命的な再会を果たす初恋の相手を演じた大野から「久しぶりに横山さんにお会いして、あらためて“初恋”だな、と。ますますキレイになりましたね」と絶賛されると「ほんとやめてください」と赤面。「さっき裏で会った時に『監督、緊張するよ』って言われて、『あれ?今日、監督来てないけどな』と思ったら、私が総監督になってから初めて会ったので、言われてドキッとしました」と照れ笑いを浮かべた。
大野から「総監督としてますますご活躍されているのをテレビで見て、初恋の相手として自分のことのように嬉しくて」と言われると「ほんとですか?私も大野さんの活躍見てますよ」と返しつつ、「これほんと恥ずかしい〜」と終始照れっぱなしだった。

続けて、MCからAKB48のメンバーに、『漁船の光』の内容にちなみ、「初恋の彼が再び現れたらどうする?」との質問。
北原は「だいたい初恋の人って久しぶりに会うと『あれ〜?おかしいな?』ってパターンが多いじゃないですか。大野さんみたいに(カッコ良く)なってたら嬉しい」と話して笑いを誘った。
ほかにも「好きだったよ、と伝える」(宮澤)、「どうもしないです。たぶん初恋ってことを忘れてると思う」(入山)とそれぞれの個性が垣間見られる回答が続き、「初恋と言われてもあまりピンとこない」という15歳の江籠が「一回好きになった人だったら恥ずかしくてたぶん会話できないと思います」と話すと、キャスト一同「可愛い〜」と声を揃えていた。

『9つの窓』は、2月6日(土)より全国順次公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top