稲葉友、内田理央らレプロ所属タレントたちがファンと交流イベント

新垣結衣、マギーらが所属する芸能プロダクション、レプロエンタテインメントが30日、東京・渋谷ヒカリエで同社主催のLPGイベントを開催した。


前回実施された参加者体感型イベント『菊地亜美殺人事件』が大好評だったこともあり、今回のイベントもチケットはソールドアウト。老若男女、様々なファンが会場に押し寄せた。
イベントは、とある場所に閉じ込められていたはずの2匹の鬼が何者かによって解放され、人に化けた後、村人に紛れ込んでしまったという映像からスタート。村人役の、タレント4名と会場のお客さん4名、司会1名が「誰が鬼かを話し合う」という心理的な内容。

イベントは昼の部「赤鬼ヴァージョン」、夜の部「青鬼ヴァージョン」の2部制で行われ、昼の部では、レプロ期待の女性陣4名が登場。

昼の部の模様

昼の部の模様

昨年アイドリング!!!を卒業し、バラエティやグラビアで活躍する大川藍や、昨年放送された「掟上今日子の備忘録」や、公開を控える初主演映画「血まみれスケバン・チェーンソー」など女優としての活躍の場を広げる内田理央、映画やドラマ出演を続々と果たす小島梨里杏、雑誌「Seventeen」専属モデルで、女優としても活躍する古畑星夏が登場した。
順調にイベントが展開する中、大川は会場に内田の公式デザインTシャツを着たファンを見つけると「そのTシャツ本気で可愛いと思ってんの?絶対に着て帰れへんし!」と会場の笑いを豪快に誘った。それに対し、内田は「なに言ってんのー!めっちゃ可愛いよー!」と独特のデザインを必死に自己弁護。今後の公式グッズの展開にも注目が集まりそうだ。
イベント終了後には出演者によるハイタッチ会も行われ、ファンとの直接の交流を忘れない、盛りだくさんの昼の部となった。

夜の部「青鬼ヴァージョン」では、昼の部とは対照的に、レプロ所属の男性陣4名が登場。バラエティ番組でひっぱりだこのユージや、現在放送中の日本テレビ系「MARS〜ただ、君を愛してる〜」にてレギュラー出演する稲葉友、元テラスハウスのメンバーでモデルとして活動する岩永徹也、バラエティ番組から野球解説者までマルチに活躍する元プロ野球選手里崎智也が登場した。
序盤から4人のテンポの良い掛け合いを見せた夜の部では、里崎が突如「ここに俺のファンは何人います?」と会場のお客さんに聞き出すと、なんと手を挙げたのは4人のみという“笑撃”の結果。これに対し、里崎は「ちゃんと顔を見せてくださいよ!!!」と感謝の意を込めて、深々とお辞儀をすると、会場の笑いは最高潮に達した。

次はどのようなイベントが開催されるのか、今後の展開を期待させるLPGイベントとなった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top