人気急上昇中の内田理央、ドラマ「火村英生の推理」に出演

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第4話より

女優の内田理央が、現在放映中の日本テレビ連続ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(日曜・22時30分)の第4話に出演することが明らかとなった。



昨年「仮面ライダードライブ」でヒロイン役を好演し、「掟上今日子の備忘録」でも存在感を放った内田は、今期、日本テレビ「ニーチェ先生」、TBS連続ドラマ「ダメな私に恋してください」にも出演。初主演映画『血まみれスケバンチェーンソー』の公開も迫っており、いま勢いに乗る若手注目株の1人。

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は、斎藤工演じる犯罪学者・火村英生と窪田正孝演じる推理作家・有栖川有栖が名探偵としてバディを組む本格推理エンターテイメント。
「今期、とても楽しみにしていたドラマだったのでゲストでの出演が決まった時はとても嬉しかったです」と喜びを語る内田が第4話で演じるのは、何者かに殺害された有名宝石商・堂条秀一(岩城滉一)の秘書・鷺尾優子役で、堂条の弟と共に事件の第一発見者。また事件を追う一方で、優子を理想の女性として気にかけている有栖川有栖(窪田正孝)が、彼女だけに自分の過去を語るという場面も。今回の話を握る重要な役どころだ。

鷺尾優子役について内田は「男性から好かれ女性からも嫌に思われない女神のような役。年齢設定も私自身より上だったので、子供っぽくぶりっこにならないよう気をつけました」と演技のポイントを明かし、「現場は斎藤(工)さん窪田さんをはじめ、皆さんが一丸となっていい作品を作ろうとする和気藹々とした雰囲気で、短い期間の撮影でしたがとても楽しかったです」と充実感たっぷりに撮影を振り返った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top