橋本環奈、17歳の誕生日を祝うサプライズに感激「もっと芯のある女優に」

160203skmovie9

アイドルグループ・Rev. from DVLの橋本環奈が3日、主演を務める映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』のジャパンプレミア特別試写会に出席した。


舞台挨拶中には、この日17歳の誕生日を迎えた橋本を祝福するサプライズが用意された。
17歳の誕生日を迎えた橋本環奈

17歳の誕生日を迎えた橋本環奈

MCから突然、誕生日の話を切りだされた橋本は「全然気づかなかったです」とサプライズに驚きながら、運ばれてきた機関銃のデコレーションが施されたケーキを見て「わ〜!すごい!」と歓喜。
映画の内容にちなみ、客席から「組長、お誕生日おめでとう!」と祝われると、「今まで生きてきた中で、こんなに多くの方に祝っていただいたのは今日が初めてだと思います。ありがとうございます」と感謝を述べ、「この映画を機に、もっともっと芯のある、色んな役に成り変われる女優さんになりたい」と抱負を語った。

共演の武田鉄矢からは橋本環奈の「環」の字の意味を説明され、「お父さんとお母さんからもらった、この『環』の字に恥じない17歳のスタートを切ってください」と祝福の言葉をもらうと、「身に余るお言葉で、大変光栄です」と恐縮しながら、「打ち上げでも『贈る言葉』を歌っていただいたんです。今日もこうして“環”の文字の意味を教えていただいて、私の先生は一生、武田鉄矢さんだなと思います」と笑顔を見せていた。

角川映画40周年記念作品として制作される本作は、赤川次郎の原作を元に映画化され1982年に一大ブームを巻き起こした角川映画の代表作『セーラー服と機関銃』(監督:相米慎二/主演:薬師丸ひろ子)シリーズの最新作。ヒロイン・星泉を演じる橋本は映画初主演となり、主題歌「セーラー服と機関銃」でソロデビューすることも決まっている。

この日の舞台挨拶には橋本、武田のほか、共演の長谷川博己、大野拓朗、宇野祥平、そして前田弘二監督が登壇。
大野は「組長ぶりすごかったですよ。座長として現場を盛り上げてくれた」と撮影現場での橋本を絶賛。また、「スタッフ全員の名前をすぐに覚えて、退屈そうにしてるスタッフさんに走り寄っていって、ちょっかいだしたり。その人すごい嬉しそうな顔してた」とエピソードを披露して会場を笑わせた。

武田は自身が映画に初出演した際、その作品の主演を務めていた故・高倉健さんがとても気遣ってくれたことを明かし、「その恩返しで環奈さんに渡していかないと健さんに申し訳ない」と、かつての自分に重ねながら橋本に接していたという。橋本は「私は自分で気づいていなかったけど頭で考え過ぎていた時に、武田さんが『好きにやっていいんだよ』って言ってくださって、リラックスできた」と感謝の気持ちを伝えていた。

また、本作のメガホンをとった前田監督は、橋本について「初主演で相当プレッシャーがあったと思うんですが、どんなハードなシーンでも、ハードルの高い演技でも一切弱音を吐かず立ち向かっていく姿がかっこよくて、女優として開花していく姿を1本の映画を通して映像として記録できたことは監督として幸せな時間でした」と語った。

映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』は3月5日全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top