東出昌大・池松壮亮・菅田将暉が三つ巴の頭脳戦 「デスノート2016」キャスト発表

昨年9月に製作が発表されて以来、動向に注目が集まっていた映画『デスノート 2016』のキャスト情報および作品情報が解禁となった。


本作『デスノート2016』で描かれるのは、月とLの死から10年を経た世界。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っている。
キラ事件に精通した捜査官・三島創を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田ほか5人のデスノート対策本部特別チームは、世界的私立探偵にして、Lの正統な後継者・竜崎とともに事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。
その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけるものだった。
6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされる。

10年前のキラ事件と夜神総一郎の資料から夜神月のことを徹底的に調べ上げ、研究ノートを作成し、“デスノートヲタク”と呼ばれるほど「事件とルール」に精通する捜査官・三島創を演じるのは、東出昌大。「もともと原作世代なので、前作の映画も観ていたし、その10年後を演じる意義やプレッシャーも感じますが、きっと池松くん、菅田くんと共演できたからこその物語になっていると思います」と自信をのぞかせる。

Lが生前に遺した遺伝子から生まれた、正統な後継者である竜崎役には、2014年公開の『ぼくたちの家族』『紙の月』『愛の渦』などで数多くの映画賞を受賞した実力派俳優・池松壮亮。「松山さんの作り出した歴史に残るLという凄いキャラクターを継承しつつ、やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります」と、Lの面影を残しつつも、松山ケンイチが演じたLとはまた違う、行動力を伴うワイルドで色気のあるキャラクターをつくりあげる。

そして、三島や竜崎をも翻弄する狂気の天才、サイバーテロリストの紫苑優輝を演じるのは、演技力に定評ある若き個性派俳優・菅田将暉
狂った男に一家全員を殺され、その犯人をキラが殺してくれたことから彼を“神”と崇める紫苑は、高度なハッキング能力を駆使して、世界中に落とされたデスノートの争奪にいち早く参戦する。
元々原作ファンである菅田は「原作の夜神月とLの戦いから繋がる後半の物語も僕は大好きなので、そこに登場するメロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージです」と自身が演じるキャラクターについて説明している。

日本テレビの佐藤貴博プロデューサーは「本作は月とLの次世代の物語でもあるので、才能あふれる若い役者たちがモチベーションを高く持って挑めるキャラクターを作ったつもりです。天才vs天才vs天才という、前作よりパワーアップさせた三つ巴の頭脳戦を楽しんでいただきたい」と語った。

映画『デスノート 2016』は2016年秋公開。

■三島創(みしま・つくる)役:東出昌大 コメント

今回の『デスノート』も天才対天才の対決を描いていて、しかも僕ら3人の人間関係が複雑に絡み合った天才同士の三つ巴の戦いになっています。
もともと原作世代なので、前作の映画も観ていたし、その10年後を演じる意義やプレッシャーも感じますが、きっと池松くん、菅田くんと共演できたからこその物語になっていると思います。
前作で『デスノート』の持つ極限のテーマに魅力を感じてご覧になっていた方は、もちろん今回も楽しんでいただけると思いますし、ここから観始める方でも楽しめる作品になっていると思います。

■竜崎(りゅうざき)役:池松壮亮 コメント

人間はとても愚かで弱い生き物だということを、改めてもう一度デスノートに教えてもらっているような気がします。
前作から10年を経て、新たな監督スタッフキャストで、前作を超えるべく日々撮影に挑んでいます。沢山の人にワクワクしてもらえるようなエンターテイメントとして、それからこの御時世にやる意味を込めて、この作品を送り出せたらなと思っています。
松山さんの作り出した歴史に残るLという凄いキャラクターを継承しつつ、やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります。駄目だったらネットで叩いて下さい。

■紫苑優輝(しえん・ゆうき)役:菅田将暉 コメント

前作を一観客として観ていたので、衣裳合わせの時や死神の造形物などを見て、「あっ、これが『デスノート』の世界なんだ」と素直に興奮しました。
僕が演じる紫苑はキラを崇拝するサイバーテロリスト。役作りをする上で原作に出てくるLの2人の後継者=メロとニアからイメージを抽出しました。原作の夜神月とLの戦いから繋がる後半の物語も僕は大好きなので、そこに登場するメロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージです。
演じる上で日々本当に自問自答していますが、前作を凌駕する作品になればと思っています。

■佐藤信介監督 コメント

デスノートをめぐる、人間のぶつかり合いを、描きたいと思っていました。6冊のデスノートを巡って、三者のぶつかり合いを描きたいと。
東出さんは、この役にぴったりでした。キャラクターばかりでなく、立ち姿、そして、その人間性において。この映画の柱を支え、この物語を、現実的なものに着地させられたのは、豪快かつ繊細な、東出さんのパワーによります。
池松さんは、『砂時計』という映画で、8年前にご一緒していました。今度はあの時とまったく異質な役。しかしこの役を池松さんは、想像以上の人物に育てられました。
菅田さんは、変幻自在、自由闊達な役者です。自然味を保ちながらも、奇抜なフィクションをも演じられる、まさに「映画」が欲する役者だと思いました。
デスノートを巡っての、この三者のぶつかり合いを、ぜひ、楽しんでいただきたいです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top