浅田真央が佐藤コーチにチョコをプレゼント&羽生結弦は特製ケーキに感激

浅田真央&羽生結弦 ロッテ『バレンタイン直前企画』

フィギュアスケート選手の羽生結弦と浅田真央がロッテ ガーナミルクチョコレートの「バレンタイン直前企画」に参加。羽生には特製バレンタインチョコケーキが贈られ、浅田は普段お世話になっている佐藤信夫コーチにチョコをプレゼントした。


スケートリンクに見立てた特製バレンタインチョコケーキをプレゼントされた羽生は「すご!これはすごい!」と嬉しそうにケーキへと近寄り、四方からじっくり観察。出来栄えを聞かれると、「120点ですよ!ショート(ショートプログラム)の点数で付けて、120点。史上、未だ誰も出したことの無い点数です(笑)」と感動の大きさを表現。「衣装も忠実ですし、ホワイトチョコのリンクの上に自分だけがいる様子が、まさに演技をしているようで良いなと思いました!」と砂糖で作られた自身の人形にも大満足の様子だった。

物心ついた頃からバレンタインデーには母親と姉からチョコを貰っていたという羽生。「本当簡単なものだったとは思うんですけど、美味しくもあり、楽しくもあったバレンタインを過ごしていたなと思います」と家族との思い出を回顧。「最近はそういうシチュエーションがあまり無いですが、毎年プレゼントボックスを通して沢山の方々からバレンタインのチョコ をいただきますし、どんな形でもお気持ちをいただけることはいつも嬉しく思います」とファンへの感謝を語った。

一方、浅田は佐藤信夫コーチにプレゼントするチョコケーキに載せるチョコメッセージプレートの作成に挑戦。佐藤コーチについて「私が今スケートをやっている中で、技術の面でもキモチの面でも色々と 相談に乗ってくれる、一番信頼できる先生」と語る浅田だが、「バレンタインにチョコを渡すのは初めて」とのこと。バレンタインにかけて「今シーズン、最後はスイートハッピーに終われるよう頑張りたい」との思いと、コーチへの日頃の感謝の気持ちを込めて、ホワイトチョコレートで作られたハート型プレートにメッセージを描き上げた。

後日、スケートリンク場での練習後に、完成したチョコケーキを浅田から佐藤コーチへ手渡すことに。
大きな箱を開けてみた佐藤コーチは、自信の似顔絵がデザインされたチョコプレートに「すごい!似てる!」と驚きながらも嬉しそうな様子。「これは私が描きました!結構難しいんですよ!」と浅田が自ら描いたメッセージプレ ートについて紹介すると、佐藤コーチは「本当に?ありがとう」と感謝。
「こんなでかいもの全部食べられるかなー(笑)」と、初めて浅田からもらったバレンタインチョコケーキに思わず顔をほころばせながらも、「これをいただいて、元気になって、今シーズンも頑張ります」と張り切っていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top