BUMP OF CHICKEN、結成20周年記念日に地元・千葉で2万5000人沸かす

結成20周年記念ライブを行ったBUMP OF CHICKEN Photo by 古渓一道

BUMP OF CHICKENが11日、千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで結成20周年記念 Special Live「20」を開催。バンドの歴史を網羅するような楽曲の数々を熱演し、集まった2万5000人の観客を大いに沸かせた。


1996年2月11日にメンバー4人で初めてステージに立ちバンドコンテスト地区予選に臨んでから20年。この日はバンドの“成人の日”とも言えるメモリアルな日。

The Who「A Quick One, While He’s Away」をオープニングSEにステージ上に登場したBUMP OF CHICKEN は、大ヒット曲「天体観測」でライブの口火を切った。ステージ上の4人と気持ちを呼応させるかのように、サビのシャウトをオーディエンスが大声で歌う。さらに変拍子のリズムとギターの美しいアルペジオが響く「R.I.P」 に続いて「バトルクライ」のイントロが聴こえると、フロアからは喜びの声が。その後「ひとりごと」「ナイフ」「ロストマン」といった久々に演奏されるナンバーが鳴るたびに、観客は大きな歓声や拍手で応えた。さらにライブで演奏するのは初の「ベル」をセットリストに組み込むサプライズも。

MCでは直井由文(B)が結成記念日の由来を話し、その際獲得した賞状をオーディエンスに見せる粋な計らいが。バンドがこれまで続けてこられたのは「それもこれも20年間聴いていてくれたリスナーの皆さんのおかげです」と口にした際には、感じ入るような表情をのぞかせていた。
また藤原基央(Vo, G)は「昔の曲をちょいちょいライブで演ってきたつもりでした、それでも全然演っていない曲があった」と笑いつつ、このような機会を得たことについて「幸せを感じています」と表現していた。
前日2月10日にリリースした8枚目のアルバム「Butterflies」のリード曲「Butterfly」の演奏に差し掛かると、同楽曲のミュージックビデオの画を再現するかのように、何十ものレーザー光線が空中で交差しながら舞う。放射状に円を描いた照明との相乗効果で、場内を色とりどりに染め上げた。そして同じくレーザーの演出がメンバーの演奏に華を添えた「ray」では、楽曲自身が持つどこか物悲しくも軽や かなリズムに乗ってメンバーもオーディエンスも弾むようにステップを踏み、幕張メッセの床を揺らした。

アンコールでは、TVアニメ「血界戦線」オープニング・テーマとして日本国内のみならず海外からの高評価 も獲得した「Hello,world!」を披露し、場内に再び熱狂を巻き起こす。そして「『ガラスのブルース』を作ったすぐあとに、バンドのテーマ曲があるといいなと思って」(藤原)という成り立ちを持つも音源化されていないレアナンバー「BUMP OF CHICKENのテーマ」を演奏して、ライブを終えた。しかしまだまだ彼らのプレイを求める声に応え、すぐに再登場。「せっかくだから、1996年2月11日のステージで演った曲を」 (直井)と言い、「DANNY」を観客にプレゼント。最終的に、全18曲を演奏し、名残惜しそうに舞台を降りていった。

Photo by 古渓一道

BUMP OF CHICKEN結成20周年記念Special Live「20」

2016年2月11日(木・祝)
千葉県 幕張メッセ国際展示場9~11ホール

<セットリスト>
01. 天体観測
02. R.I.P
03. バトルクライ
04. ランプ
05. 車輪の唄
06. ひとりごと
07. ナイフ
08. Butterfly
09. ロストマン
10. ベル
11. 66号線
12. K
13. ダイヤモンド
14. ray
15. ガラスのブルース
EN01. Hello,world!
EN02. BUMP OF CHICKENのテーマ
DOUBLE EN. DANNY



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top